Black Rams - RICOH RUGBY FOOTBALL TEAM -

放課後ラグビープログラム 東京世田谷クラス 第9回レポート

2017.10.11

今週もコリン選手とアレックス選手が参加してくれました。キッキング練習では効果的に利用するシチュエーションを理解してもらいながら、ジャッジメントを含めたドリルまで行ってみました。キックの精度はまだまだですが、こちらからの問いかけや指示を理解し行えていました。次回10月17日は最終回となります。残り2時間を皆で楽しみたいと思います。

【練習内容】

1、 ウォームアップ、ストレッチ

2人組みで手が届く出来るぎりぎりのところへ放り、体を伸ばしながらキャッチ

2、 キッキング

1)グラバーキック

どんなシチュエーションで利用するか?

狙ったところにまっすぐ蹴れるようにする

「ボールをまっすぐ落とす」

「放り上げない」

「足を硬く伸ばす」

「インパクトの瞬間までボールを見る」    

2)チップキック  

相手に近づきすぎず遠すぎず             

ダイレクトキャッチ出来ないと判断したらバウンドをしっかり見る

3、 ジャッジメント(キックorパス)

2v2:ボールキャリアはサポートからの声でDFライン裏へのグラバーもしくはチップキックをする    

DFが前に詰めていたら裏のスペースへキック、後ろで残っていたらショートもしくはロングのパス

「ジャッジ」前を見て状況判断 「コーリング」ボールキャリアに何をさせるか

4、ゴールタッチ

ボールキャリアはランOK、2回タッチ(ダブルタッチ)されると相手ボール、ゴール内の味方にパスをして得点

5、グリッド

スクエアパス2種   

「ハンズアップ、フォロースルー、コーリング」

6、タッチフット 

5回(ラストはキックOK)  

AT:タッチされたらダウンボール、シールド二人、ハーフパスアウト   

DF:タッチ+二人ラックへ

【グラバーキック】
【ゴールタッチ】
【グリッド】
【クールダウン】

参加スタッフ

メインコーチ 武川(リコーブラックラムズBKコーチ)

特別コーチ コリン・ボーク選手、アレックス・ウォントン選手

アシスタントコーチ 大山(リコーブラックラムズOB)、森谷、春口(リコースタッフ)

PAGE TOP