RICOH BlackRams

インタビュー

横山伸一選手 インタビュー

 アニキと俺なら、どこまでもいける――。

photo

 自らを「人見知り」と言いながら、語り出したら淀みない横山伸一は、双子の兄・健一との二人三脚に絶対の自信を持っている。

 サッカー少年だった山形のスポーツ万能兄弟はいつしかラグビーに触れ、数多くの兄弟喧嘩、大勝負、ドラマを経て、最強のコンビに成長した。ふたりのスキルとスピードは、拓殖大学時代に選出されたセブンス(7人制ラグビー)日本代表でも存分に発揮される。"リーグ戦1部昇格から間もない拓殖大に有力選手あり"と、ラグビー関係者の耳目を集めた。

 そして、弟・伸一が今季リコーブラックラムズに入団した。大学進学前に1年間地元で生活をしていた兄よりも、一足先に社会人となった。

――中学3年生時、サッカー部の引退を期にラグビーと出会ったそうですね。

「そうです。(少年期の友達に)『今はラグビーをやってる』って言うと、みんなびっくりします。それくらいサッカー少年でした。1年の時に僕と、3年の時に健一と同じクラスの友達がいて、ずっとそいつに『ラグビーやらないか?』って言われていました。それと、3年間一緒だった担任の先生にも誘われたんです。最初は『サッカー以外考えられない』って感じだったんです。だけど勉強が苦手で、『動いていれば次に繋がるだろう』とラグビーを始めた、って感じです」

――受験勉強をしない言い訳が欲しかった、と。

「そうそう、そうですね。それで、高校に行ったらまたサッカーをやろうと思ってました」

――でも、ラグビーを選んだ。

「(中3の時)秋口くらいに東北大会があって、(そこで負けたチームの有力選手が集まった)東北選抜に選んでもらったんです。そこでは(ラグビーが盛んな)秋田の子が多かったんですけど、『秋田の子、すごいなぁ』って(感じた)。自分は走ることと言われたことしかできなくて、歯がゆかったです。それからですね、ラグビーをやりたいと思ったのは。担任の先生が山形中央高校の体育科を紹介してくれて、親もやりたいことをやりなさいと言ってくれた。

 ラグビーはどこを走ってもいい。ルールだって(他競技に比べれば)全然ない。『前に投げちゃいけない』『落としちゃいけない』っていうだけで、あとは何でもできる。それが楽しくて、今でもやってます」

――そうして、花園常連校である山形中央高校に入学します。

「『楽しんでやりたい、花園に行ければいいだろう』っていう人と、その上を目指していた人との別々な思いがあった。僕は主将をやっていたんですけど、『一生懸命やろう、やらないんだったら辞めていいよ』って言っていました。でも、健一は『15人いないとラグビーはできないだろ。そこをもっと尊重しろよ』と。高校生までずっと喧嘩していましたね。言い合い、時には殴り合いで。仲良くなったのは大学生になってからです」



ピックアップ