RICOH BlackRams

インタビュー

新人選手インタビュー

photo

頑固な湯淺主将とともに、日体大からブラックラムズに入部したのがCTBの山藤史也である。声のトーンは低く、ボリュームは小さめ。東海大戦の感想を求めると、「たとえいいプレーしても相手は大学生だし……逆に悪いプレーしたら……って感じで、何とも言えないです」と、口は重そうだった。

「いっぱいいっぱいでしたね。練習とかも(新人研修などで)なかなか参加できなくて、自分が練習に参加できるときにはみんな体が温まってる時だったりして……そこへ急に参加するから、スピードとかも急に上げなきゃいけないし、そういうので結構負担があって……」

大学と社会人の違いは、攻撃時の幅広さ。

「サインプレーなんかも、大学のときは自分が縦に行くサインばっかりとか、偏りがあったんですけど……リコーだと最初はどこを突いて、次は向こうに行って、最後はどこを狙うみたいな、臨機応変で、理に適ったような感じっすね。自分と同じCTBの皆さんも、スキルが全然違いますね」

スキル、パスやステップなどにおいては百戦錬磨のトップリーガーたちのプレーぶりに舌を巻く山藤だが、誰にも負けないアピールポイントがある。そのひとつはタックル。“ラグビーの命”とされるタックルに山藤は何より重きを置いているのだ。

その原点は、中学生時代にさかのぼる。小学校1年生から始めたラグビーを「Jリーグが流行ってたし、中学に入ったらやめようと思ってた」、そんな時代だ。それでも「親のほうがハマっちゃって」結局ラグビーを続けることになり、その結果山藤はラグビーの面白さ、厳しさに改めて気づいたという。

「監督が結構厳しかったっす。結構古い考えの人というか……タックルしないと試合に出してもらえなかったんす」

もちろんいい仲間に出会えたことも面白さの要因だったが、同時に、タックルこそラグビーの肝であるとの教えを請うたことが、山藤にとっては何より大きかったという。

仲間の信頼を勝ち取るには試合中の自己犠牲が必要で、自己犠牲の結晶は、ラグビーにおいてはタックルなのだ。

タックル第一 ―― のちの大学寮生活で得た「普段では経験できないような上下関係、人間関係」と同時にラガーマン山藤史也のメンタリティーを形成している、一種の哲学なのかもしれない。

――目標は、試合出場ですか?

「出たいっすね……自分、まだあんまり積極的になれてないんで、これから自分の得意なところ、タックルとか縦突破とかをアピールしたいっす」

あまり積極的になれない、自己犠牲と同時に芽生えた奥ゆかしさも、山藤史也の大きな魅力である。



ピックアップ