99年12月29日〜31日:爺が岳・鹿島槍ヶ岳



参加者:甲谷・澤田



12月29日(水)・曇

前夜大谷原の駐車場に入る。赤岩尾根の下にある駐車場であるが、今回は下山を鹿島槍ヶ岳の赤岩尾根と決めていた為、車はここに置いて爺が岳の東尾根まで歩いて行く計画である。
6:30まで仮眠をとり、7:55駐車場を後に鹿島部落に向って歩き出す。
前夜の車の中で、少々喉がいがらっぽかったが現在はすっきりしている。
天候は、駐車場の辺りでは小雪が舞っているものの、街のほうは晴れているようである。しかし山はガスに覆われている。まあこれから好天期に向っているので、今日の登りが暑くならないので助かると思えば気が楽である。
爺ヶ岳の取り付きにある狩野さん宅までは、30分の道のりである。
狩野さん宅に付き、登山届を出して準備をしていると、東尾根を下りてきた人と会い、情報収集を行う。
彼らは25日に赤岩尾根から入ったとのことであるが、強風とラッセルでかなり大変であったと言うことで、我々もラッセルを覚悟する。
8:30出発。爺が岳の東尾根は数年前に登っているので気持ち的に楽である。しかしその時に比べると、かなり雪の量が多く、回りの雰囲気も異なる。おまけにガスの中なので、爺が岳や鹿島槍を望むことができない。
13:00幕営予定地のP3に着くと、既にいくつかの天幕が張られていた。
時間的にはもう少し進みたいのだが、以前に来た際の記憶ではここから先はしばらく幕営適地が無い為、本日はここまでとし、テントの設営に入る。
テントをたてているとガスが晴れだし、明日登る予定の爺が岳や、信濃大町の街が見え出す。


12月30日(木)・晴れ

6:00起床。昨晩は風が強かったが、今朝は穏やかで、好天が望めそうである。
朝食を済ませ、日が昇るのを待って7:20出発する。
既に数パーティーが先行して登っている。彼らはP3からのピストンのようで、荷が軽いこともあって、どんどん離れて行く。まあ焦る事は無い、まで2日あるので....
P2上部にナイフエッジがあったはずが、雪が多いために結構幅が広く全く問題とならない。今回は荷が重く、矢沢の頭への急登の方が問題であった。
今年の場合、P3から矢沢の頭の間でも、幕営できそうな個所が何ヵ所かあった。
9:10矢沢の頭着。風が強い。
ここでしばらく休憩した後、爺が岳の中央峰へ向け、稜線を歩き出す。左から飛ばされそうな強風が吹きつけているが、しばらく進むと尾根の影に入ったのか風が止む。
きつい登りを登りきると山頂であるが、既にP3からのピストン組が下山して来る。
10:50爺が岳山頂到着。思っていた以上に時間がかかってしまった。今日は鹿島槍ヶ岳も登ってしまう予定であったが、少々時間的に厳しいそうである。
それにしても今日の展望は素晴らしい。穂高の山々・剣周辺・そしてこれから向う鹿島槍ヶ岳が綺麗である。
「今日は冷池小屋に幕営し、空荷で鹿島槍のピストンをする予定でしたが、時間的に厳しいそうなので冷池小屋と鹿島槍の中間くらいに幕営して、明日の朝一でピストンして一気に下りましょう!」そう私が言うと「俺もそう言ってくれないかと思っていた」と、甲谷さんから言葉が返って来て、今後の予定が決まり冷池小屋に向け下り出す。
下り始めてすぐにガスが上がってきて、ガスの中になってしまった。
12:25冷池小屋到着。しばらく休憩の後、鹿島槍のガレ場の手前辺りで幕営しようと心の中で思い、約1H進む。
13:20これ以上進むと幕営できそうもないと言う地点で、天幕を設営する。
この頃からガスが切れ、青空が広がってくる。




12月31日(金)・晴れ

4:30起床。今年も残すところ1日となった。
今朝は綺麗な星空である。今年最後の山行も、好天の中で幕を閉じそうである。
6:10ヘッドライトを点けて出発する。荷が軽いせいもあって、足取りも軽やかである。
30分ほど歩くと、空が紅く染まりだし、ヘッドライトも不要となる。
7:00を過ぎ、布引山を越えた辺りで朝日が顔を出す。山々も紅く染まり、最高の年の瀬である。
7:20鹿島槍ヶ岳(南峰)山頂着。山頂には東尾根を登って来たと言う3名のパーティーが既に到着していた。
山頂からの景色は格別である。3月に天狗尾根から来たときは、吹雪きで全く視界がきかず、早々に下山したが、今回はその分も堪能した感じである。
山頂でゆっくりしてからテントに戻る。時間もたっぷりあるので、のんびりとお茶を飲み9:05下山を開始する。
赤岩の頭まで登るとあとは下りだけ、3月の際は苦労しながらの下山であったが、今日はその心配も無いような天気である。
あの時は新雪が積もった為に雪崩にヒヤヒヤものだったし、おまけにガスも出て何度登り返したことやら.....
赤岩尾根は下りだしが物凄い急斜面である。できれば登りでは使いたくないような急登である。
今回は雪が多いせいもあって、下りは思いのほか早かった。しかし高度を下げるにつれ、アイゼンに団子になる雪でしばしば足をすくわれそうになる。GWくらいの雪質には参る!
13:20大谷原駐車場到着。見上げると今日も山々が奇麗であった。




記録:澤田



リコー山の会のホームページに戻る