99年10月30日〜31日:仙丈ヶ岳



参加者:甲谷・澤田



10月30日(土)・晴れ

中央道を西へ向かう。笹子トンネルを過ぎ甲府盆地に入ると、正面に雪化粧した北岳が見えてくる。
今年は暖かい日が続いていたが、山はしっかり冬に近づいている。
山道に入り、夜叉神峠のトンネルを抜けると、木々の紅葉がひときわきれいであった。
紅葉時期の為、渋滞を予想し12:30のバスに乗れれば良いと思っていたが、なんとか10:30のバスに間に合いそうである。
広河原の駐車場は、10時過ぎの到着であったにも関わらず、まだまだ駐車スペースは残っていた。夏の登山時期では考えられないことである。
バスの切符を買い、列に並ぶとすぐに乗車が始まる。今日は北沢峠へ向かう人が多いのか、マイクロバスは3台出ることになった。
10:50北沢峠着。広河原で時間が無かった為、峠で腹ごしらえをしてから登り始めることとする。
11:20北沢峠出発。しばらくは樹林帯で景色は望めないが、登山客に会わないこともありゆっくりしたペースで上を目指す。
3合目辺りからは、木々の合間から雪を被った北岳が綺麗に見え出す。
5合目を過ぎ、12:45大滝の頭に到着。
ここから右に折れ、幕営予定地の藪沢小屋を目指す。ここからは今まで登ってきた尾根ルートとは異なり、藪沢小屋に進む道は日陰が多いのか、雪がポツリポツリ出てくる。沢水が出ている個所では、ツルツルに凍っていて、帰りもここを通るのか?と思いながらの通過となる。
しばらく進むと林の中に小屋が見えてくる。どうやら藪沢小屋のようである。稜線の少し下に見えていた小屋がそうだと思っていた為、少々拍子抜けであった。
周囲に幕営地も無い為(私の地図は古かったのか?)、馬の背ヒュッテまで進むことになる。
13:30馬の背ヒュッテ着。
山頂はかなり近いようで、小仙丈からの稜線を登る登山者の姿がはっきりと見える。馬の背ヒュッテは、10月10日までの営業のようで、今はひっそりとしていた。
周辺を歩いて幕営地を探すが見つからない。山頂直下の小屋は改装中で幕営できないと登山口に書いてあった為、馬の背ヒュッテの玄関先で幕営させてもらうことにする。
明日はここから空荷でピストンの予定であったが、下山時にツルツルの氷の上を歩くよりは、日のあたる小仙丈側の尾根を下るほうが安全と言うことになり、荷物を担いで山頂を目指すこととなった。




10月31日(日)・晴れ

4:30起床。早速朝食を済ませ、明るくなるのを待って5:40出発する。
稜線にはしっかり雪が残っているが、凍ってはいない為にどんどん山頂直下の小屋が近づいてくる。振り返れば山々は朝日で赤く染まり、こんな風景を独り占めして良いのかと思うほどである。
当初日帰りで行く話があったが、この朝の風景が見れなかったわけで、薄っぺらな山行になってしまっただろう。
6:20小屋到着。藪沢カールの底に建つ小屋は非常に綺麗で、風力発電・太陽電池と、最新式の装備が整っているが、今は誰もいない。
山頂までは一息である。
6:55山頂到着。360度の展望。北岳の後ろに聳える富士山も綺麗である。
暖かな日差し、風も無く穏やかである。他のパーティーがいないので、30分ほどのんびりとして尾根ルートを下り出す。
しばらく下ると登山者が登ってくるのが見える。このパーティーを皮切りに、今日は次から次へと登山者とすれ違う。昨日の静寂はなんだったのだろうか....
ルートは何箇所か凍っているところもあったが、特に問題なく9:50には北沢峠に着いてしまう。こんなに早く着くとは思っていなかった。バスは9:45に出たばかりであった。



記録:澤田



リコー山の会のホームページに戻る