99年7月24〜25日:明神岳・東稜



参加者:和田・甲谷・中谷・澤田



7月24日(土)・晴れ

東稜へ行こうとしたのは何回目だろうか? その度に雨の為に予定変更が余儀なくされてきた。今朝は晴れわたっている。今回こそ登れるだろう!

6:38上高地出発。既に観光客で混雑している。河童橋を渡り対岸を歩くことにし、林道に出ると先月は無かった電線が林道沿いに延びている。いったい何なのだろうか?
そう思っているうちに明神に到着。養魚場前で一本立てる。
ここからは沢を渡りガレを歩くのだが、数年前に来た時に比べて、ガレが多くなっている気がする。これも昨年の地震の影響だろうか?
10:15ひょうたん池到着。予定より早く出発できたこともあってかなり早く着いた為、11:00まで休憩となる。
ここから先は急な潅木の斜面をラクダのコルまで歩くことになるが、ハイ松の側を通る度に花粉が飛散し、進路を妨害する。私は花粉症ではないが、それでもしばらく進みたくない状況であった。



14:30ラクダのコル到着。思っていた以上に時間がかかってしまった。以前来た時以上に不安定な石が多く、慎重に歩かざるを得なかった為だろうか?
ここから先が東稜の核心部である。15:00ハーネスを付けラクダのコルを後にする。
ラクダのコルからのトラバースにもFIXが残っていたが、ここから先には何本かのFIXが残っていて、結果的にザイルを出したのは1ピッチだけであった。
それにしても不安定な岩が多い。しかも真新しい亀裂が多いことから、地震の影響によるものだと思われる。
ガラガラの斜面を慎重に登り、16:15山頂到着。
数年来つかえていたものがとれた感じである。



しばらく休憩の後、前穂山頂を目指し岩稜を登る。途中前穂の壁を登っての帰りなのか? ルンゼの中に奥又へ下る登山者を見つける。上高地を出てはじめて会う登山者である。
17:15前穂高岳山頂到着。今日は奥穂高まで進みビバークの予定であったが、前穂山頂でビバークすることになり、本日の行動が終了する。
夜半から雨が降りだし、雷が鳴り出す。


7月25日(日)・曇り

4:30朝起きると山頂はガスの中であった。シュラフカバーに入りツエルトを被っていただけであったが、私はぐっすり寝ていた為に雷のことは殆ど覚えていない。
今日は西穂まで歩く予定であったが稜線はガスの中。雨も降っていることから、前穂から直接下山することとなり、簡単な朝食をとり5:20山頂を後にする。
朝早いせいか、登りの登山者に会わないこともあって、8:54には上高地に着いてしまう。
西穂の稜線は、未だにガスの中であった。


記録:澤田



リコー山の会のホームページに戻る