99年7月17日〜18日:白馬岳



参加者:甲谷・澤田


 白馬へ行きたいなぁと思っていたものの、未だ梅雨が明けず天気予報は雨の日が続いていた。週末が近づいたころ、天気予報が雨模様から曇り時々晴れに変わり、これは行くしかないなぁと思い、急遽甲谷さんを誘い山行に出かけることになる。
 計画性が無いとお叱りを受けそうだが、毎週末山行に出かけていると、このくらいののりで山行に出れる仲間がいてありがたいものである。

7月16日(土)・晴れ

タイム:猿倉6:20->白馬尻7:15->大雪渓終了8:30->小屋(幕場)10:30->山頂12:00

前夜発で猿倉に入る。駐車場は100台くらいは停められるだろうか?流石に人気の山である。
6:20出発。既に駅からの第1陣が着いてしまったのか、猿倉は大混雑であった。
今日は稜線の幕場までなので、ゆっくり歩いても時間はたっぷりある。しかし今回は荷物が軽いのか順調である。大雪渓を登り切った頃には、先頭集団に追いついてしまった。
小雪渓を過ぎ、高山植物の写真を撮りたいと言う甲谷さんを残し、一足先にテント設営の為に本日の幕営地である小屋を目指す。
10:30に到着するがやはり一番乗り、テントは1つもない!
テントを設営し、甲谷さんを待って空荷で山頂を往復する。
帰りに小屋前でビールを飲み、午後はテント前で昼寝となる。
こんなにのんびりした山行は久しぶりである。



7月18日(日)・雨

タイム:幕場5:20->杓子岳6:20->白馬鑓ヶ岳7:15->鑓温泉分岐7:40->鑓温泉8:50->小日向のコル10:25->猿倉11:40

出発の準備をしていると雨が降り出す。本降りだったら直接雪渓を下ろうと話し合っていたが、雨はそれほど強くはないことから、予定通り鑓温泉経由で下山することになり出発する。
杓子岳・鑓ヶ岳、高山植物を見ながら雨の中を軽快に歩く。しかしこの頃から雨が本降りとなり、温泉に入る夢も諦めムードが漂う。
そうであれば一気に下るしかない。稜線からの下りにはお花畑が広がっているが、雨の為にあまり写真を撮る気にはなれない。
鑓温泉に着くが雨は更に強まってくる。温泉は次の機会と諦め、小屋の軒先を借りて行動食をとり猿倉へ下る。温泉下の沢を横切る際、手を入れてみるとちょっぴり温泉気分が味わえる。
鑓温泉から小日向のコルまでは、下山と言うよりも山腹に付いた登山道を歩き続けると言う雰囲気である。いくつかの沢をトラバースし、雪渓を越え、天気さえ良ければ高山植物を楽しみながらのんびり歩けそうだ。
そろそろ登山靴の中が濡れだした頃、猿倉へ到着する。
下山後は「みみずくの湯」に寄り、早めの帰宅となる。









記録:澤田

撮影:甲谷



リコー山の会のホームページに戻る