99年5月1〜3日:涸沢キャンプ



参加者:和田・門松・甲谷・澤田


5月1日(土)・晴れ

上高地(7:05)-明神(7:50/8:15)-徳沢園(9:00/9:18)-横尾(10:00/10:30)-沢すじ(夏の水飲み場)(11:35/11:55)-涸沢キャンプ場(14:15)

久しぶりの上高地、GWと言うこともあって朝早いのに結構混雑している。
今日は涸沢までなので結構気楽である。天気も良い。晴天に輝く明神岳を見ていると、明日の前穂山頂からの景色がうかんでくるようである。
横尾までは全く雪が無くピッチがあがる。
横尾で休憩をとった後、涸沢への沢筋のルートに入る。今日の屏風は誰も取付いていないようで、登攀者を見つけることができない。
約1Hで橋のたもとに出る。ここからは雪で沢も隠れ、雪の上を涸沢へと向かう。
それにしても今日は人が多い。
しばらく登ると、涸沢ヒュッテで泳ぐ鯉のぼりが見えてくる。もうすぐ幕場であるが、最後の登りがいつもきつい!
ヒュッテの脇まで登ると、色とりどりのテント村が見えてくる。それにしても凄い数!
何とか天幕を設営したが、ギュウギュウである。
今夜は和田さんが担ぎ上げてくれた焼き肉で、リッチな夕食となる。



5月2日(日)・晴れ

涸沢(5:15)-5・6のコル(6:40/6:55)-3・4のコル(8:15/11:30)-涸沢(12:22)

3:40起床。まわりの天幕は静かである。しめしめこれなら渋滞になる前に前穂まで登りきれるぞ!
朝食を済ませ出発。出発前のゴタゴタで、既に3パーティーが前を歩いている。
5・6のコルに着くと、複数のパーティーが休憩している。どうやら稜線どおしで上がってきたパーティーも含まれているようである。
ここから3峰の登りまでは、ザイルを使わないとは言え、気を抜かないようにしなければ!
8:15 3・4のコルに到着。既に20名以上のクライマーが順番待ちをしている。
まあ2H待ちくらいかな? 渋滞で待たされるとは言え、ポカポカ陽気で助かる。
しばらくは順調に順番待ちが進んでいたが、9:00頃に登ったパーティーの中に、セミになってしまう者が出てルートを塞いでしまう。トップも気が利かない、ゴボウでもなんでも良いではないか! 多少ずり落ちたって、相手はリードで登っているわけではないので何とでもなるだろう!
初心者ルートとは言え、もう少し練習してから本チャンに出てもらいたいものである!
しかもこのパーティー、リードできる者が1名しかいないのか?5名で登っているのに、全員が次のビレイ点に到着するまで、トップは登って行かない! なんと迷惑なパーティーなのだろう!!
10:00定時交信の時間となった為、北穂へ向かっている門松さんを呼び出す。
門松さんは、既に登頂を終え下山中であった。こちらからは現在3峰の登りで渋滞に会い順番待ちであるが、セミになっているパーティーがいてなかなか進まないことを報告し、11:00に再度状況を入れることとなる。
11:00セミパーティーは、やっと2ピッチ登ったようで、見えないところまで進んでくれた。長い長い渋滞待ちももう少しである。
無線で門松さんを呼び出し、明るい内には下山したいので12:00まで待って取り付けないようであれば、登攀を諦めて涸沢へ下山することにするので、とりあえず無線を開けておいてもらうことにする。
彼らは既に涸沢小屋のテラスに陣取って、しばし「涸沢貴族」を決め込んでいるようである。



11:00を過ぎ、渋滞は解消の方向へと進むかに思えたのだが、次に登り出した4名のパーティーがまた詰まってしまう。彼らもまたリードできる者が1名しかいないのか、全員が次のビレイ点に着くまで先に進まない。しばらく見ていたが、これでは12:00になっても順番は回ってこないと判断し、11:30無線で門松さんを呼び出して、3・4のコルから直接涸沢へ下山することを告げる。
たまたま一緒になった前の2名パーティーも諦めた様子で、3・4のコルから下りだす。
3・4のコルからの下りは、一歩間違えば下まで落ちてしまいそうな急斜面である。夏のガラガラな時期では、到底下山ルートに使用しようなんて考えたくないほどである。
だが、あっと言う間に涸沢へ着いてしまう。
3峰から山頂までは目と鼻の先! 悔しさだけが残る結果となってしまった!!

5月3日(月)・曇り

涸沢(6:15)-横尾(7:40/8:00)-徳沢(8:50/9:00)-明神(9:40/10:00)-上高地(10:45)

下山日だと言うのに皆早起きである。3:30には起き出してお茶を沸かし始める。私は早く起きたら奥穂までピストンしようかと思っていたが、これでは下山するしかなさそうである。GWと言うことで、帰りの道路の渋滞も気になっている。
朝食を済ませ、6時過ぎには天幕が畳まれ出発となる。
朝早いせいか、まだ雪がしまっているのでどんどん下れてしまう。横尾・徳沢・明神と、上高地に近づくにつれ、ハイカーの服装が華やいでくる。
ああ、帰ってきてしまった! 今回登れなかった鬱憤はどう晴らそうかと思いつつ、上高地を後にする。

記録:澤田
撮影:甲谷



リコー山の会のホームページに戻る