99年4月3日:巻機山



参加者:志賀・和田・甲谷・中谷・澤田


4月3日(土)・雪のち晴れ

4:00清水到着。4月に入ったと言うのに雪が深々と降っている。快晴の中を滑りたいと思っていたが、どうやら難しそうだ。天気には勝てないと思いつつ仮眠に入る。
7:00起床。やはり雪が深々と降っている。朝食を済ませ、今日は一日中雪だろうと諦め、8:00出発する。林道は既に除雪車によって、かなりなところまで除雪されていた。
除雪終了点から板を付けて登りはじめる。
今日はこのまま雪が降り続くのだろうなぁ.... 足取りは重い! まもなく井戸ノ壁。ここを登り切れば、正面に偽巻機山が見えるはずなのに.....
井戸ノ壁を登り切って休憩していると、突然ガスの切れ間から偽巻機山が見えてくる。このまま天候が回復してくれたら良いのだけれど....
尾根を登り続け、樹林帯を抜けきったところで大休止。
ここから先は偽巻機山の直下まで快適な斜面が続いている。下りは楽しいだろうと思いつつ、バリバリに凍った斜面をスキーアイゼンを効かせて登って行く。
11:30偽巻機山直下の急登まで来て、急登の斜面に入ってみたものの、やはり歯がたたない。今回はアイゼンを持って来ていないこともあって本日はここまでとし、早速滑る用意を始める。
滑り出せばこちらのもの! 快適な斜面の続く上部を滑り、先ほど休憩をとった樹林帯の上に到達した頃、青空が見え出す。
雪が悪くならない為には、このまま晴れてこない方が良いが、快晴の中も滑りたい! わがままな話である。
下りは快適! でも樹林帯の中なので木とお友達になるわけには行かない! 慎重に! でも積極性は忘れずに!



14:50清水到着。 下の方はかなりグズグズの雪となってしまったが、流石巻機山! 次回は快晴の山頂から滑り出せることを期待しつつ帰路につく。

記録:澤田



リコー山の会のホームページに戻る