99年3月20日〜22日:鹿島槍ヶ岳・天狗尾根



参加者:中谷・澤田


3月20日(土)・雪のち晴れ

久しぶりの大きな山。このところ仕事が忙しかったこともあって不摂生が祟っている。しかも今回はあまり天気が期待できない。装備をかなり絞ったものの、やはり登攀具があると重い。
8:37大谷原駐車場出発。3連休と言うこともあって、かなり山屋が集まっている。
大川沢沿いにルートをとる。荒沢手前のダムを渡るが、前のパーティーが靴を脱いでいるのが見える。ああこの冷たい中を渡渉するのか! 気合一発で渡ってしまったが、やはり濡れてしまった!
荒沢出合直ぐ上から、天狗尾根に取付く。スイスイ登って行く中谷さんとは対照的に、私はなかなかピッチを上げることができない。この辺りから雪が降り出し、寒さが倍増する。
第1クーロアールを登り、第2クーロアールでザイルを出してもらい、16:00やっとのことで天狗の鼻に到着する。
今日はここまで。正面に見える北壁が圧巻である。




3月21日(日)・曇りのち雪

8:15荒沢とカクネ里に挟まれたナイフリッジを、小屋岩に向けて登り出す。
途中棚状の雪壁が数箇所あり、何れも出口は垂直に近いがバケツが掘られている。トレースが無いとキノコ雪の乗り越し同様大変そうだ。
小屋岩からは隣の東尾根を登る人の声が聞こえる。
曇っているが、風も無く穏やかである。
小屋岩の裏から5m位の岩場を2個所越えると、東尾根と合流し北峰へと向かう。
小屋岩を出る頃から舞いはじめた雪が、この頃には風雪となり、頬に叩き付ける。
朝寝坊さえしなければ、今頃は山頂を過ぎていただろうと思うが、あとのまつり。
11:45北峰山頂到着。風を避ける為に少し下りたところで休憩をとるが、南峰への降り口がガスでわかり難い。
13:00南峰山頂到着。東尾根組3パーティー8名・天狗尾根組2名。国境稜線は風が強い!
ここからは稜線上の夏道を冷小屋へと向かう。富山側から吹付ける雪で、顔を上げているのも辛い状況である。
14:30冷小屋到着。冬小屋が開いていたが、比較的視界が利くことと、このまま雪が降り続いた場合、明日下山できなくなる可能性もあるので、しばらく休憩をとって赤岩尾根を下り出す。
16:15樹林帯に入り、雪崩の心配の無さそうな場所を見つけ、泊ることになる。
それにしても、ずいぶん雪が降っている。


3月22日(月)・雪

6:00雪はまだ降り続いているようだ。しかし昨日の湿雪と違い、今日の雪は軽そうである。
7:45出発。昨晩の湿雪でテントはバリバリ!
今日は3Hくらい下れば車と思っていたものの、厳しいラッセルの為になかなか進めない。もうすぐと思っていた高千穂平は意外に遠い。
かなりな量の新雪が降った為に、開けた斜面を横切る度に足元から斜面が雪崩て行く。
ガスの為に、何度かミスコースをして登り返したが、ダムが見えてきたのでホッとする。
ここからは林道を駐車場に向うが、林道もラッセルでしんどい。途中ソロの登山者とすれ違うが、今日はどこまで行くのだろうか?
13:30駐車場到着。やっと着いた! 安心感からか、どっと疲れが出てくる。

記録:澤田



リコー山の会のホームページに戻る