1999年1月15日〜16日:八ヶ岳・赤岳西壁主稜



メンバー:中谷、小川



1月15日(金)
天候:雪のち曇
タイム:美濃戸12:15−行者小屋16:10

車で横浜を8時過ぎに出発し、美濃戸まで入った。下り坂の天気予報通り、甲府のあたりから雪が降り出した。赤岳山荘で肉うどんを食べてから出発する。

雪が降っているがたいした量ではない。これから大雪になるのではと心配しながら、行者小屋へ向けて柳川南沢沿いの道を登っていく。足元は、雪が適度に積もっていて歩きやすい。しかし、小川が久しぶりの重い荷物にばてばてで、一向に進まない。心配した雪は、途中でやんでしまった。
何とか行者小屋までたどり着き、テントを張り終えたころには薄暗くなっていた。3連休とあって天幕場にはたくさんのテントが張ってあり、にぎやかである。
お茶を飲み一息ついて夕食の準備を始める。寄せ鍋をしようと材料がセットになったのを買ってきたのだが、開けてみると入っているはずのだしが見当たらない。どうやら入れ忘れたのを買ってしまったようだ。仕方なく寄せ鍋改め水炊きを食べ、明日に備え早めに寝ることにする。

 

1月16日(土)
天候:曇
タイム:行者小屋6:00−文三郎道トラバース点7:15−主稜取付8:15−主稜終了点11:35−行者小屋13:00
    行者小屋14:35−美濃戸16:10

ヘッドランプを点けて出発し、昨日降った雪が少し積もっている文三郎道を登る。だんだん明るくなってきて、森林限界を越えるあたりでヘッドランプを消した。茅野の街の明かりがずっと下の方に見えている。麓の方は晴れているようだが、八ヶ岳の上には雲がかかっている。
文三郎道から赤岳主稜の取付きにトラバースする地点を誤り、少し登りすぎた。文三郎道が右に大きく曲がるところからは右ルンゼに降りられず、水平にトラバースするように取付と同じ高さまで戻った。ここで、クライミングの準備をし、ザイルを出して取付へトラバースする。
中谷がリードで1ピッチ目を登る。岩壁は雪でホールドが埋まっていて、雪かきをしながらのクライミングになる。雪稜の部分は適度に雪が締っていて登りやすいが、息が切れる。
上部岩壁の下まで来ると風が強くなる。雪が飛んできて顔に当たり痛い。上部岩壁も雪でかなり埋まっていて、登るのに時間がかかる。ここで後続の3人パーティーが追いついてきた。稜線を歩いている人が見え、傾斜が緩くなった所でザイルを解いた。
稜線に出るが強烈な西風で、山頂には寄らず地蔵尾根を目指して稜線を下る。眼鏡が凍ってしまい、はずした方が良く見える。途中、赤岳展望荘の壁で風をよけ一休みした。風をよけられると一息つける。冬の八ヶ岳を実感できる強風だ。
所々雪から顔を出している地蔵尾根の階段を降りると、樹林帯に入りほっとする。ここからは風も無く、昨日降った雪で真っ白な木々の間をひとくだりでテントまで戻る。雪が多かったとはいえ、時間がかかりすぎた。スピードアップの必要を感じた。
テントの中で休憩してから撤収し、美濃戸まで下山した。夕方になって帰りの高速道路の渋滞が心配されたが、まったく渋滞してなく順調に帰れた。

文三郎道を登る
主稜3ピッチ目

稜線を下る
(記:小川)


リコー山の会のホームページに戻る