99年1月15日〜16日:奥秩父縦走(雁峠〜雲取山)



参加者:甲谷・澤田


今日の雁峠は、一面真っ白である。
2週間前から時間が止っている。年末年始で奥秩父の縦走を行う予定で出発したが、時間切れで雁峠から下り、とりあえず2週間ほど街の生活をおくっていた。
新年早々と言うこともあって、ここはすっきり終わらせたいと言う気持ちで、この3連休を使って、残りの区間を歩ききる為に出発する。


1月15日(金)・雪

天気予報では、東京地方でも午後から雪の予報が出ている。
8:13 塩山駅を下りた我々を待ち受けていたのは、バスの時刻変更であった。
8時半のバスが無くなっている! 時刻表には載っていたのに! 8:08発のバスは既に出てしまっている! 次のバスは12:59!
仕方が無いので、タクシーで登山口に向かうことにする。予定外の出費であったが、結果的には歩き始めが1H程早められ、これから先の行程においては、時間に余裕が出る結果となった。
8:55 新地平出発。歩き始めてすぐに雪が降り出す。
正月に下ってきた時より、道には雪が積もっているような気がする。
11:00 雁峠到着。峠手前の水場の水は、正月には結構出ていたものの、今回はチョロチョロレベルになっている。辺り一面は既に銀世界である。



ここから暫く歩くと、多摩川・荒川・富士川の分水嶺がある。今日降っている雪も、落ちるところがちょっと違うだけで、行先が変わってしまうわけである。
笠取山の登りにとりかかる。登山者が3名ほど下ってくるのが見える。所々凍った斜面に雪で目隠しされている為、うっかりすると足を取られてしまう。行動も慎重にならざるを得ない。
12:00 笠取山山頂到着。
「今日、将監峠まで行こう!」 「え? そんなに頑張って2日で終わらせる気ですか?」「だって娘が早く帰って来いって言うんだもん!」「.....」冗談とも本気ともとれる会話の後、ここからは下りと言うこともあって、アイゼンを付けて将監峠を目指すことになる。
稜線から一旦下り、分岐点に立つとルートは2手に別れる。将監峠へは、稜線からと中腹からの2通りのルートがある。
今回は縦走と言うこともあって、稜線ルートを選択し、今回の最高到達点である唐松尾山(2109m)を目指す。東京都最高峰の雲取山の方が高いと思っていた私は、少々勉強不足である。
唐松尾山への最後の登りは、大分疲れていたこともあって、結構辛いものであった。
14:30 唐松尾山山頂到着。
小さな看板を見つけ、唐松尾山であることを確認する。
ここからは将監峠まで、1.5H下るだけである。
15:48 牛王院平到着。
小屋脇で天幕を張る予定であったが、この雪の状態からすると水場も凍っている可能性がある。雪も大分あり水の心配は無いことから、今夜の泊りをここに変更する。
既に雪もやみ、青空を見ることができる。
ここまで来れば、明日は雲取山を踏み、下山することも可能である。


1月16日(土)・晴れ

5:15起床。
雲一つ無い星空である。夜半からぐっと冷え込んだ為か、テントがバリバリに凍っている。
凍って重くなった天幕を、なんとかザックに詰め込んで、6:47牛王院平を後にする。
将監峠を過ぎた辺りで、富士山が奇麗に見える。このところ雪が少ないなぁと思っていた富士山も、今日は一際奇麗である。
ここから飛竜山までは平坦な道が続くとたかを括っていたが、雪が中途半端に積もってしまった為に、非常に歩きにくい道となってしまっていて、難儀をしながら1H近く遅れて、やっとのことで禿岩に到着する。禿岩は展望の良い場所で、富士山や南アルプスが、奇麗に見渡せ、疲れを忘れさせてくれる。



東側に目を転じて、「あれが雲取?」「そうじゃない! この辺では一番高いのだから!」「え?でもあそこまで3Hでは行けないんじゃない?」「でも稜線が続いているので、そうだと思いますけど.....」思った以上に遠い雲取山に、少々息消沈であった。
あとでわかったことであるが、手前に見えた山を三ツ山と決め込んでいたのであるが、実はその山が雲取山であったのである。
ここからは桟橋の架け替えも進んでいるようで、非常に整備された登山道と言う印象を受ける道となっていたが、三ツ山を過ぎた辺りの急な下りで、氷に足をとられて思いっきり転んでしまった!
13:00 三条タルミは賑わっていた。ここまで来ると、今回の最終目的地である雲取山山頂まではもう一息である。
14:00 雲取山山頂到着。
着いた〜! 山頂に立ち、甲谷さんと握手をすると充実感で満たされてくる。遠くに国師が見えるが、金峰山を見つけることができない。それにしてもあんなに遠くから歩いて来たのか! なんて馬鹿な奴等なんだろう!!



本日下山することを決めていた私たちには、ここでゆっくりする時間は残されていない。あとは日が暮れるのとの戦いである。まあここまで来ればヘッ電を点けて下っても、鴨沢までは下れるだろう。でもバスはあるのだろうか?
鴨沢への最後の下りを下っている頃、日はとっぷり暮れてしまった。
17:20 鴨沢バス停到着。次のバスは19時まで無い。2Hも待てないので1つ手前の留浦まで歩くが、ここからのバスも20分前に出てしまっていた。そう、今日は土曜日! 休日と違って、バスの数が少ない!
仕方無しにタクシーを呼ぶ。行きも帰りもタクシーを使うとは、なんとリッチな山行なのだろうか.....
全行程完歩したと言う充実感の中、タクシーは奥多摩駅へ向って走り出す。



記録:澤田



リコー山の会のホームページに戻る