98年10月31日:道志・高川山



参加者:L小川・磯辺・甲谷・澤田・中川(ゲスト)・篤(ゲスト)



10月31日(土)・晴

のんびりと紅葉の山へ行くという企画で、大月の近くの高川山に行ってきた。
JR中央線の初狩駅から女坂経由で登り、馬頭観音の前を通って、富士急田野倉駅に下るルートである。

前の日は、夜中から雨が降っていたが、初狩駅で電車を降りると雲ひとつないような青空が広がり、暖かな朝だった。
駅の待合室で参加者6人全員がおちあい歩き出す。
今年は、秋になっても暖かいせいか、廻りの山を見回してもあまり紅葉してない様だ。わずかに山の上の方は、色づいているのが見える。
程なく登山口に着き、登り出す。うっそうとした植林した樹林帯の急登である。
男坂の分岐を過ぎると雑木林の明るい山道になるが、やはり紅葉していない。
一休み入れて登ると山頂に着いた。谷を隔てて真正面には、富士山がきれいに見える。頂上付近に雪をかぶり、まるで絵に描いたようだ。
山頂は、大勢の人がいたが、シートを広げる場所を見つけ、早速ビールで乾杯となった。
磯辺さんが持って来たムスターグ・アタの写真や、富士山を見ながら、のんびりとした昼食を取った。
予定通り約1時間半山頂にいて下り始める。
雑木林の中を下っていき、植林地に入ると急に暗くなり夕方が来たようだ。
麓の集落では、家々の庭先に柿の木が真っ赤な実をいっぱい実らせていて美しい。田之倉駅に着いて、電車が来るまでの時間もシートを広げてコーヒーを沸かしのんびりとすごした。
紅葉は、いまいちだったが、天気に恵まれ、とってもゆったりとした山行だった。

初狩駅発  9:45
登山口  10:10
高川山着 11:10
高川山発 12:50
田野倉駅 14:30



(小川:記)


リコー山の会のホームページに戻る