98年7月18日:富士山・富士宮口





7月18日(土)・晴れ

富士山も夏山シーズンを迎え、駐車場が混雑していることが予想されるので、5合目へは前日入ることにした。
0:40 5合目の駐車場に着いたものの、既に1段目の駐車場は満車状態で、2段目のかなりはずれの方でやっと車を止めることができた。いつものように朝来ていたら、相当下の方に止めることになっただろう。
周囲の方々はご来光を見るのだろうか?、到着後身支度をしてすぐに登りに行ってしまっている。私は浅間神社への参拝を目的としているので、とりあえず車の中で仮眠する。

6:00起床。昨晩は多少まばらであった車も、今朝はもう既に満車状態であった。
とりあえず朝食を済ませ、6:30駐車場をあとに山頂を目指して歩き出す。
ヒマラヤ遠征に行く人は、登り2時間半、下り1時間半が目安と聞いている。
いつもは山頂泊の為に装備が多いが、今日は日帰り! 空荷みたいなものなので、とりあえず2時間半を目指すことにする。
夏山が始まった為に登山者が多い。思うように歩けない場面も多々あったが、1時間半で8合目の小屋に到着する。天気も上々、景色も悪くない!
9合5杓の小屋を過ぎるとあとわずかであるが、ここまでのペースが祟ったのか思うようにペースが上がらない! あと少しだと自分に言い聞かせて登る!
9:10山頂到着。既に奥宮や小屋の前は人でごったがえしている。
しばらく休憩をした後、奥宮で遠征の無事を祈る。今日はこの為に登って来たのだから.....
天気も良いのでお鉢回りもすることにし、早速測候所へ向かうが、情けないことに測候所の登りで足がヒクヒク言い出す。
今日の富士山は雲一つ無い状態なのだが、残念ながら南アルプスに雲がかかっていて全貌を望むことができなかった。北アルプスの山々は見ることができ、「ああ、先週風邪で休まなければ今週は会の山行で白馬へ行っていたのに.....」と、少々残念な気持ちになってしまう。
今週は短パンTシャツと言うランナースタイルの人が多い。まもなく富士山での登山マラソンが行われる為だろうが、走って登ったら辛いのだろうなぁ!

10:45富士宮口の山頂を後に下山を開始する。
今日は早く帰って遠征の最終買出しが待っている。
この時間からもまだまだ登って来る人達がいるが、どこかの小屋で泊まるのだろうか?
12:05駐車場到着。何とか目標タイムクリアーである。
駐車場の辺りにはユリやホタル袋が咲いていた。もうすっかり夏の装いのようである。
夏の富士山の名物と言えば、やはり車の渋滞であろうか? 私が下った12:30頃には、既に5合目から1.5KMくらいの地点までところ狭しと車が駐車してあった。まだまだ登ってくる車も多く、いったいどこに止めるのだろうか?と思いながら帰路につく。



(澤田:記)


リコー山の会のホームページに戻る