98年6月20〜21日:富士山・富士宮口



参加者:志賀・和田・磯辺・澤田



6月20日(土)・晴れ

大菩薩から富士山までは遠くないと思い込んでいたことが失敗だった。
5合目の駐車場に18:00の待ち合わせであったが30分近い遅刻である。直接来ることになっている和田さんはもう既に出発してしまったかもしれない!
5合目の駐車場に着き和田さんの車を見つける。車内に和田さんの姿を確認しほっとする。
しかし先に出発しているはずの志賀さんの車を見つけることができない。
今夜はワールドカップがある! 山頂に着くまでやっているだろうか?
風も無く、天気も良く、カモシカで行くにはありがたい天候である。
18:57ヘッ電を首から下げ、駐車場をあとに山頂へ向かう。
本日2座目である為か足取りが重い。荷物を極力減らしたものの13Kgだろうか?
見る見るうちに和田さん・磯辺さんの灯す明かりが遠ざかって行く。
7合目の小屋に着くと、小屋の前で休憩している志賀さんの姿を見つけることができた。
8合目の小屋で、風邪気味なので今夜は小屋に泊まり明日朝上がって来ると言う和田さんと別れ山頂を目指す。
9合5杓の小屋の前で休憩している時に、磯辺さんがラジオでワールドカップ情報を教えてくれたが、どうやら後半終了までには山頂に着き、ツエルトの中でお茶を飲みながら応援できそうである。
22:44山頂到着。既に就寝中のパーティーも多いので、静かにツエルトを建て中に入る。
ラジオからは「後半残り5分! 0:1!」と言う状況が聞こえてくる。
残念ながら今夜は負けかな?


6月21日(日)・晴れ

今朝はこのトレーニング期間中で最も良い天気ではないか?と思いたくなるほど天気が良く気持ちが良い!
5:30を過ぎ、ウトウトしていると「着いたぞ!」と言う和田さんの声が聞こえてくる。
簡単な朝食を済ませ、6:58さっそくお鉢回りに出かける。
南アルプスの全貌・北アルプス・中央アルプスと、回り中の山々が歓迎してくれているようである。
のんびりした山頂漫歩を楽しみ、富士宮口に帰ってきてのんびりとお茶を飲み、午後まで順化の為に滞在すると言う志賀さんと別れ、8:47下山を開始する。
今回は荷物が少ない為か?和田さんを先頭に飛ぶように下って行く!
10:00駐車場到着。ガンガン下りすぎたかな?と思いながら帰路につく。

(澤田:記)


リコー山の会のホームページに戻る