98年5月2〜4日:槍ヶ岳



参加者:大谷・志賀・和田・門松・磯辺・甲谷・中谷・澤田



5月2日(土)・曇りのち雨

連休で混雑する中央高速を抜け、新穂高温泉のゲートに着いたのは2:00をまわった頃であった。GWと言うこともあって林道脇の駐車スペースはほぼいっぱい。何とか駐車スペースを見つけて仮眠に入る。
7:00 朝起きると思った通りの曇り空であったがまだ雨は降り出していない。早速支度をし、7:40ゲートを後にする。雨が降り出す前になんとか槍平の幕場に着いてテントの設営を行いたいものである。
新穂高平避難小屋までは30分くらいの道のりであった。ここにはトイレ小屋がありありがたい。
新穂高平避難小屋からは約1Hの林道歩きで、白出沢の出合に着き林道は終点となる。この辺りにはたらの木も多く、シーズンにはたらの芽採りの人も多いことだろう。
白出沢出合からは山道となるが、滝谷出合まではそれほどアップダウンの無い道が続く。
11:00滝谷出合到着。渡渉する個所を探し渡るが、気が付くとメンバーの中にぐっしょり濡れている人が出てしまった!



さあゆっくりはしていられない! 雨が降り出す前に幕場に着けることを祈り、先を急ぐしかない!
12:41 第一陣が槍平に到着。早速雪面を整地してテントの設営にかかるが、もう1つの天幕は第二陣でくるメンバーが持っている。雨は大丈夫だろうか?
雨は無情にも、第二陣到着前に降り出してしまった。
ついにメイストームがやってきてしまったのだろうか?




5月3日(日)・雨のち曇り

夕べから猛烈な雨が降っている。しかも風も強くなってきているようだ。
4:00に起きたものの、やっぱり今朝は停滞!
とりあえず朝飯だけは食べたが、また眠りについた。
12:00を過ぎると雨があがったので、志賀さん・和田さん・中谷さんの3名で偵察に出かける。
約1H後、中谷さんより沢が右に曲がる個所まで到達し、更に先に進むとの無線が入る。
更に1H後、ガス帯を抜けたようで、青空と槍ヶ岳山荘が見えたと言う無線が入り、彼らはその地点から引き返してきた。
さあ明日は登るぞ!


5月4日(月)・晴れ

2:30に起きると満天の星空である。さあ朝食をとって山頂を目指すぞ!
早く起きたわりには出発が4:20になってしまったが、ヘッ電を点けて登りはじめる。昨日つけてもらったトレースがばっちり残っている。
15分くらい歩き、渡渉したあたりで周りが明るくなる。
かなりゆっくりしたペースであるが、急ぐことはない。
飛騨沢の登りは徐々にきつくなっていくが、確実なペースで登っている。
約3H、雪が切れ、登山道を登りはじめる。もうすぐ飛騨乗越である。
飛騨乗越まで出ると、目の前に槍の穂先がど〜んと現れる。遠くには富士山を望むことができ、北アルプスを始めとする周囲の山々の壮大な風景にしばし足を止める。
更に15分登ると槍ヶ岳山荘の目の前に出る。4月20日頃のインターネット情報では積雪は1〜1.5mと出ていたが、昨日の雨のせいか?更に積雪量が減っているようであった。
槍の穂先は?と言うと、昨日の雨のせいかすっかり雪が無くなっている。
小屋の前でアイゼンを外し、ザックをデポして山頂へ向かう。
結構人がいるようで、あちこちで渋滞が起きている。
10:00混雑する山頂に到着する。



しばし休憩していると、北鎌尾根から2人のクライマーが山頂に飛び出す。
この次来る時は、バリエーションルートかな?
登りの列を待って、10:30下山を開始する。が、またまた渋滞! まあお盆時期の渋滞から比べればかわいいものか??

小屋に到着し、槍平の幕場で飲むためにビールを仕入れ、一目散に下りに入る。
早く下りてテントを畳まなければ! アイゼンを履きバンバン飛ばす!
12:15槍平到着。昨日の雨でテントだけが50cmくらい高くなってしまっているのが面白い。
登頂を祝ってビールをあけるがのんびりはしていられない。早速テントから昨日の雨で湿っぽい荷物を出し、テントを畳む準備を始める。
13:45下山開始。雨で天幕が湿っぽいのか?妙に重い! まあ3Hの我慢である。
飛ぶように下って行く和田さん・門松さん・志賀さんは、すぐに見えなくなってしまった。
14:15滝谷を渡ったところで休憩する。15分待つが後組が来ないが、まあ中谷さんがついているし、無線も持っていることから、先に下ることにする。
穂高平避難小屋まで下ると、カモシカが私を迎えてくれた。
日陰に入り20分程寝てしまう! しまった! ウサギになってしまったかもしれない??
小屋の前には我々のパーティーのメンバーが数名いるが、先に下ったと思われる門松さんの姿が無い!
飛び起きて荷物を背負うが、寝ぼけているのかペースがあがらない。
17:00ゲート到着。しかし誰もいない? どこで追い抜いたのか?
しばらく待っていると小屋で休憩していたメンバーが下りてきた。
それから1時間! まだ後組が下りてこない! あまりにも遅いので少々心配していると、ゲートからこちらに歩いてくる姿が見えホッとする!
腹減った〜! と言う声と共に18:45ゲートを後に帰路につく。既に新穂高温泉のバス停のところの食堂は閉まっていた。仕方が無いのでとりあえず河原の露天風呂(無料)で汗を流し、19:20再スタートで食堂を探すが、もうこんな時間には開いていない!
腹減った〜! しかし昨日の雨で沢渡で土砂崩れがあり、片側交互通行となっている為か?安房トンネルの入口まで延々と渋滞している。トンネルに入っても渋滞。トンネルを抜けても渋滞! やっとのことで高速に乗り遅い夕食にありつけたのは諏訪湖SA! 2:00到着。既に5日になっている。車の中では終電に間に合うか?と言う話から、始発だな? なんて話になっている。
更に高速は渋滞していた。GWの渋滞はすさまじいものである!
始発かな?が、始発にも間に合わず6:10海老名駅に到着し解散。山以上に帰り道で疲れてしまった!



記録:澤田


リコー山の会のホームページに戻る