98年4月11〜12日:八ヶ岳



参加者:中谷・澤田・大谷・志賀・磯辺・甲谷・和田



4月11日(土)・晴

美濃戸で仮眠。7:30出発。本当に暖かい。
冬から春への切り替わりで雪と新緑が混在している。
それでも大同心が望めるあたりは雪も豊富に、しかしいつもより少な目だそうだ、30分程先行した澤田がすでに天幕を張り終えていた。
赤岳目指し文三郎道を登る。雪の下から雪溶け水が流れて一層温かさが感じられる。
今回は中谷、大谷、磯辺は頂上往復、澤田、甲谷は西壁、志賀、和田は頂上泊縦走とそれぞれのメニューを楽しむ事にした。
西壁が迫ってきたところで両名は登攀具を身につけ雪壁から岩稜へとルートをとる。彼等の健闘を期待しよう。
大谷さんここが踏ん張りどこ、慌てる事はありません着実にいきましょう。この岩稜を超えれば赤岳だ、振り返えると大きな阿弥陀がどかっと座り見事な北西稜も(私が登るのを待っている。)、真っ青な空のむこうに上はない、大谷さんの頑張りに敬意を評しましょう。重荷の志賀さんばてばてですが上り切りました。
西壁パーティーも最後の岩稜を着実に登っている。集中登山の嬉しさが込み上げてくる。
快晴、微風嬉しさを満喫、5人が赤岳鉱泉のBCへ下山。
さあ2899mに天幕を張る。北穂以来の頂上泊、やはり志賀さんと二人で滝谷を登って…32年、雪ならしをして立派な天幕を張る。
ほとんど満月、天幕の周りを月光がめぐる。ベースの皆はどんな話題、どんな食事を、粗末な食事ももう慣れっこ、ややばて気味の志賀さん明日は大丈夫ですか?
(和田:記)



4月12日(日)・晴

目覚めのコーヒーは欠かせない、6:30出発稜線漫歩を楽しむ、立派なカモシカも迎えてくれる。
いくつかの岩峰を登下降していくと横岳小同心を登ってここで待ち合わせ、覗くと急峻なルンゼから尾根へ出たばかりの2人を見つけた。
あと直下の岩場を残すのみ、慎重に登って欲しい、来た来た、朝早くから取り付いてやっとここまで登って来た。さぞ寒かったろう、ここは日向ぼっこの出来る頂、4人揃った、ご苦労さん、これからのびやかな硫黄岳まで稜線を楽しもう、志賀さんはきつそう、硫黄のケルンは10個ゆっくり数えて登ってください。
10個のケルンを数えきると甲谷、磯辺の待つ硫黄岳の頂上へ、夏とは違った趣がある。ここからは一層ノンビリした下りのみで気が楽である。
今日もまた日曜日だというのにそれほどの混雑さはない、あの、夏の賑わいがうそのようだ、今回それぞれの目的を持ち、それをクリヤーして自信へとつながった事だろう、さあ素晴らしいイベントへまっしぐらだ。
(和田:記)



3:00 満月の明るさで目覚める。外は満天の星空。さあ今日は小同心ルンゼから小同心を登るぞ!
昨日の南稜リッジは入門ルート! ザイルをかけるのも1ピッチ! 少々脆いリッジを上りつめるルートであったが、今日はそれと対照的にルンゼの中を小同心に向かい登り、テラスから小同心を登るルートである。
4:30予定より30分早く赤岳鉱泉を出発する。30分歩き小同心ルンゼへと進み5:00に山頂・BCへ向けて定時連絡の為に無線で呼び出すが応答が無い。あとで聞いたのであるが、私のコールはどちらにも届いていて応答したようであるが、私の方では全く拾えなかった。
まあ応答が無くとも今日は10:00に硫黄岳山頂で落ち合うことになっている。
小同心ルンゼはこの辺りから斜度も増すことから、登攀具を身につけ登りはじめる。
心配していた雪の状況も問題なく、棚も出ていないこともあって、ザイルを使用せずに6:50小同心テラスへと抜け出る。
2年前の秋、大同心から小同心クラックへと登った際に立ったテラスである。天気が良く非常に気持ちが良い。谷から抜け出したので、ここでまた赤岳鉱泉を呼び出すが、既に硫黄岳へ向けて出発したのか?応答が無い。
7:15小同心を登り始める。2ピッチ登ると、上から聞きなれたコールがかかる。和田さんの声である。
あれ?と思いながら、上を見上げると横岳山頂に和田さんと志賀さんの姿を見つけることができる。
ここからはザイルをまとめコンテで登る。次第に山頂に居る両名の姿がはっきりとしてくる。最後の1ピッチは安全をきしザイルをつけ8:45横岳山頂に抜けでる。
山頂では和田さん・志賀さんの出迎えを受ける。
あまりの暖かさに山頂でのんびり登攀具をまとめてしまったが、再度無線で硫黄岳を呼び出すと既に山頂に到着しているとの回答がある。「寒いから早く来て〜!」とのこと。9:10みんなの待つ硫黄岳山頂へと向けて出発する。
(澤田:記)






リコー山の会のホームページに戻る