98年3月28日:奥多摩・三頭山




参加者:福田・甲谷・中谷・川上(ゲスト)・澤田


98年3月28日(土)・晴れ

1月に三頭山へ行こうと計画したが、1月の大雪で登山道は倒木だらけで歩ける状態ではなくあえなく中止! そろそろ季節も良くなってきたことから再度三頭山の計画をたてた。

五日市から数馬に向かう車道の脇の斜面には、未だに数え切れない程の倒木がそのままとなっていて、雪の凄さを物語っているようであった。

10:00数馬出発。バス通りから林道に入るところが少々わかりにくい。しばらく林道を歩き、最後の民家の軒先をかすめるかのように登山道がついている。
今日はここから西原峠のある笹尾根まで登ってしまえばそれほどきついところは無い。
約1時間登り三頭山の良く見通せる場所で1本たてる。ここで中谷さんが行動食を忘れたと言い出し、山頂での再会を約束し一人下山する。
4人となった我々は計画通り笹尾根から三頭山を目指す。
私が2週間前上川乗から笹尾根を陣場高原まで歩いた時は既に雪は気になるほど無かったのだが、数馬から西原峠までの登山道には結構雪が残っていてグチャグチャの登山道、ところによってはたっぷりの雪が残っていて多少余計に時間がかかった。
11:30槙寄山到着。ここからはしばらく下りであるが下り斜面にも雪が残っている。少々予定外であるが中谷さんとの再会を約束した三頭山へと急ぐことにする。
ここから大沢山への登り返しは思っていたよりきつかったが、景色も開け気分良く汗をかきながら登り続ける。
大沢山を越え、しばらく下ると真新しい三頭山避難小屋がある。トイレのある奇麗な板の間の小屋であり、営業小屋と見間違えるほど立派である。ここからしばらく登ると三頭山山頂である。

13:10三頭山山頂到着。結構人が多い。しかも少々ぬかるんでいる。適当なところにテントマットを広げて昼食とする。別行動となった中谷さんの姿を探すが見当たらない。時間的に着いていてもおかしくないと思っていると、「見当たらなかったのでもう一方の山頂を探しに行って来た!」と言いながら中谷さんが戻ってきて合流する。
昼食後1Hくらい昼寝をしたのだろうか?既に山頂には人影が無い。
14:15少々遅くなってしまったが下山を開始する。
ここから鞘口峠までは1時間。少々気楽さが入ってしまっているが、山頂からの登山道には雪がたっぷり残っている。歩くたびにズボズボ埋まるは、グチャグチャで滑るは、で、今回参加者が多かったら大変だったなぁと思いながらの下りとなる。
鞘口峠から都民の森までは約15分の道のりである。
中谷さんが車を上げておいたと言っていたので、私はてっきり都民の森の駐車場にあるものと思い、「着いた!」と思ったのもつかの間、車が旧奥多摩有料道路のゲート脇とのことでゲートまで登山道を下ることになる。 駐車場のおやじには「バスは行っちゃったよ! 次は1時間後だよ!」と言われ、トボトボと登山道を数馬に向けて歩き出す。
登山道は奥多摩有料がぐるっと迂回しているのと対照的に、数馬まで直線的についている。
約1H歩いただろうか? ようやくゲートが見えてきて車を発見! 今日の山行が終わる。

帰りは、五日市駅に程近いところで五日市名物「五日市ほうとう」を食べる。
猪肉の入ったなかなか美味しいほうとうであった。




記録:澤田


リコー山の会のホームページに戻る