98年3月14日:阿弥陀岳・北西稜




参加者:中谷・澤田


3月14日(土)・曇り

今朝は美濃戸に止っている車もまばらである。
天気はまずまずではあるが、天気予報では明日朝に寒冷前線の通過があると言っている。
今日も長い一日になりそうな予感の中、6:20 車を後に北西稜へ向けて南沢を歩き出す。
約1.5Hたった頃、北西稜へのアプローチとなる摩利支天沢へ到着。
今年は昨年とは異なり適度に雪が締まっている。しかもトレースが残っている為に歩きやすい。
大滝の手前で一本たてアイゼンを付け、左側の樹林帯を登りだす。
トレースをつけた人は、大滝を直登したのだろうか?
樹林帯に入るとノートレースとなり、しかもかなりな深雪! 少々苦戦しながら急登の樹林帯を取付き点目指して登り続ける。
樹林帯を抜け、目の前に北西稜のリッジと岩壁が望める場所で一本たて登攀の準備を始める。
それにしても風が強い! 風のせいか雪が吹き上げられてきて少々寒い! 帰ってから知ったのであるが、この日は東京に春一番が吹いたようである!
準備が終わった頃、左下の沢の中に3人の人影があることに気がつく。彼らもまた北西稜を目指しているのだろうか?
アンザイレンし雪稜をしばらく取付き点まで登る。
13:00 取付き点到着。早速ピンにセルフビレーし、ビレーの準備を始める。
思った以上に時間がかかっている。ルート図からは上に抜けるまでに4〜5Hかかることになっている為、登るか? 引き返すか?と言う判断になるが、この時間からならビバークとなったとしても北西稜は抜けきれるだろうとの判断から登攀を開始する。
ふと我々の登ってきた稜線を見ると、先ほど沢を登っていたパーティーだろうか?稜線にツエルトを張っているのが見える。明日の朝一で登るのだろうが、前線通過に伴う強風が予想される中、よくもまあ吹きっさらしの稜線に泊まる気になるものだと思う。
第1岩壁を登るとそこからは岩稜となり、やせたリッジが第2岩壁まで続く。左手の北壁側を覗き込むと足がすくむほどすっぱり切れ落ちている。
何とも言えない緊迫感の中、16:00 第2岩壁にたどり着く。
目の前に無数のピンが見えるが、我々は一般的とされる左へのバンドを25mトラバースするルートをとる。
このルートは北壁側にのびる雪の細いバンド伝いにトラバースするが、すっぱり切れた足元がなんとも緊張感がある。左に25mトラバースした後、今度は右上に走るバンドを登るが、ここの入口が嫌らしいくらいホールドが無い。後で中谷さんに聞いたら、「バイルとハンマーを突き刺して登ったとか...」。
この上は人工で最後のギャップを乗り越すと終了点である。
17:10終了点到着。やった〜! と言う充実感はあるものの、手はブラブラ、身体はボロボロである。
早く阿弥陀岳を越えないと夕闇が迫っている。ガスも下りてきている。
早く、早くと気は焦るが、足取りは重く、なんとか摩利支天に到着する。
摩利支天から阿弥陀岳山頂へはもうすぐである。
ぽちゃっとした雪の丘を過ぎ下り始める。阿弥陀岳山頂のようであるが祠が見当たらない。おろらく雪の下だろう!
あれ?山頂は??と思う中、中岳のコルへ向けて急坂を一目散に下って行く。
中岳のコルからは尻セードーで下る。もう既に周りは暗くなりかけているが、ここまで来れば安全圏内?である。
18:10行者小屋まであと少しのところで、あまりにも腹が減ったのでパンを腹に詰め込む。
そう言えば今朝美濃戸で食べた後、この時間まで菓子パン半分しか食べていない!
緊張感で食欲も無かったのか?
薄暗くなった中、ヘッ電を付けて雪が降る中でパンをかじりながら登攀具をザックに詰め込み、とりあえず行者小屋へ! 天幕からは美味しそうな匂いが漂ってくるが、我々はこのまま下山! 真っ暗な南沢を美濃戸を目指す。
20:00やっとのことで美濃戸に到着。長い長い1日がやっと終了する。


記録:澤田


リコー山の会のホームページに戻る