98年2月14〜15日:木曽・御嶽山(3067m)



参加者:和田・大谷・志賀・磯辺・甲谷・中谷・澤田・門松



・ ルート: 黒沢口・御岳ロープウェイスキー場より山頂往復

2月14日(土)・雨 後 雪

自宅4:50-5:30中谷宅6:15-海老名6:30-9:30木曽福島IC-19号線より元橋を右折10:25-11:30御岳ロープウェイスキー場駐車場(ロープウェイ下)12:00-12:07ロープウェエイ上 (飯森駅)・発12:25-14:30八合目・女人堂 右にてBC設営

御岳ロープウェイスキー場の駐車場についても昨夜来の雨は止まなかった。左程でもないので登山服や,登山靴にはきかえロープウェイに乗り込む。 ロープウェイ上の飯森駅でワカンを装着し、御嶽山側斜面の左側を登るとトレールが樹林帯の中に我々を導く。 志賀さんと和田はスキーで滑り易い所を登って行く。
雪で遠くの視界がきかないまま行くと、やがて傾斜が落ちトレールは山腹に沿って左側をからむようになる。行く手から5〜6人のパーティーが降りてきたが登頂後下って来たのか、途中で引き返して来たのかは言葉をかけなかったのでわからない。 だが、それもその先でトレールが消えていることで引き返したのがわかった。 我々も八合目の女人堂小屋を確認出来なかったが、いずれにせよ小屋の近辺であることは間違いなく、ここで幕営することになった。6人と3人用の天幕2張りを設営し、和田と磯辺の荷物を3人用の天幕に入れ、ひとまづは全員で6人用天幕に入る。
今日の雪は水気が多いことと、天幕の天井が高い為か濡れた手袋とスパッツがなかなか乾きそうもない。皆でワイン,ウイスキーを飲みながら話がはずんだ。 夜8時過ぎに和田,磯辺が3人用の天幕に別れて寝る。自分は山側の端で寝袋にもぐり込んだが、夜半時々激しい風が雪を伴い天幕を強くたたいていた。

2月15日(日)・雪 後 くもり

BC6:30-地蔵さんが多くある所ので、BCより20分程登った所でフィックスザイルによる登蜑ネだ訓練。
発8:00-10:00御嶽頂上山荘-10:10休憩後頂上(すぐ)頂上10:17-11:15BC(天幕撤収)。
BC発12:00-12:47ロープウェエイ上-13:15ロープウェエイ下
帰路木曽温泉にて入浴し帰京。

昨夜のうちに雪は20Cm程積もっていた。天幕の外に出るとまだ小雪がふっているが、ひと尾根向うの間近な所に女人堂小屋が見える。
天候が思わしくないので冬山にしては少しゆっくりとした6時半にBCを後にする。女人小屋に向かってほぼ平行に向いの尾根に回り込むと小屋上の夏道に出る。夏道に出た場所には沢山のお地蔵さんが安置されていて、2年前の暮れに登った時の記憶がよみがえってきた。
そこより10分程度登った所で今回の山行の主目的である海外遠征で必要な、フィックスザイルをユマールで登下降する訓練を行う。
訓練は1時間程で終わったが、さて 登頂はどうする! と言うことになったが、今回調子が良く張り切ってる甲谷さんや志賀さんの意向をくんで登ることにした。但し、帰路の事を考え“頂上には10時30分までに着ける状況であると”の条件付きだ。大谷さん,和田,磯辺は登らないとのことだし、自分は前回登頂しているので止めようかとも思ったが、やはり山行の充実感を得たく登ることにした。
訓練をした場所より頂上へは新雪が積もっていたが、中谷と張り切りの甲谷さんが快調に先頭を登る。2年前の暮れに登った時、夏道には風が強く雪はなかった。『そうだ、あの時は風がとても強かった.....』と思いつつロープが張られた夏道に沿って小屋を二つ過ごし、傾斜が少し強くなって三つ目の小屋に達するともう頂上直下だ。まずは小屋の横で行動食をつまみ鳥居をくぐって10時10分山頂へ。目標よりやや早めについた山頂には社屋が建てられ、多くの石像があり信仰の山にふさわしい。握手と記念写真を撮り7分後に頂上をあとにする。
まだ雪が降っているBCへは1時間ほどの下りで、休息後天幕を撤収し下山に入る。志賀さん,和田,中谷の3人は苦労して担ぎ上げたスキーで下り、他の5人はワカンを履いて下る。ロープウェエイ駅までは50分程で、下りついた時、ロープウェエイ駅から上の山頂方面はすっかり晴れ上がり、展望が広がっていた。

ロープウェエイ
・名称:御岳ロープウェエイ
・料金:(片道)1,300円 (往復)2,400円

木曽温泉(村営ホテル)
・ 入浴料:500円(タオル付)
・ 時間:10:00〜21:00
・ 施設:シャンプー,石鹸有り。
・ 泉質:茶色で、湯の花が浮遊している。

* 比較的広い浴室から山が見え、感じが良い所。

記録:門松


リコー山の会のホームページに戻る