RICOH

2017年04月28日:大山

参加者:L澤田・中谷


鳥取に森林伐採に行こうと思うのだけれど…
この一言で百名山で行けていない大山登山が現実味をおびてきた。
森林整備のボランティアは4/29からなので1日早く出て大山に登ってから皆と合流することになった。
中谷さんと2名で750kmの移動。チェーンソーや草刈り機でガソリン臭い車内。新東名はトラックだらけ、明日の朝には麓に着けるだろうか…

4月28日(金) 晴れ
 南光河原駐車場7:40-大神山神社奥宮8:10-元谷入口8:35-行者谷分かれ9:15-石室分岐10:20-山頂10:35
  山頂10:45-八合目11:05/11:20-山ノ神11:55-阿弥陀堂12:40-南光河原駐車場12:50

駐車場からの大山

5:00南光河原駐車場に到着する。
既に何台か車が止まっていて登山に向かう人がいるが、今日は大山町泊り、急ぐ必要は無いので暫く仮眠することにした。

7:00に起き出発準備を始める。
橋の向う岸にモンベル大山店。ナビに入れるにはちょうど良い目標だったが、なぜ街中ではなく登山口に店を出したのだろうか?

7:40南光河原駐車場出発。
まずは大山寺にお参りして、大神山神社奥宮にお参りして、行者コースから山へと向かう。
神社の右奥から登山道が始まっている。
ここから元谷入口へと向かう。

南光河原駐車場 駐車場には立派なトイレ
神社の参道を進む 大神山神社奥宮
行者ルートの始まり

徐々に山がはっきり見えるようになって来るが、ちょうど八ヶ岳の赤岳鉱泉か行者小屋の辺りから八ヶ岳の稜線を眺めるのと似たような風景、しかも八ヶ岳上部と山の規模も似ているのに驚く。

元谷を渡り元谷避難小屋を左に見ながら5合目へと登って行く。
しばらく急登が続くが、30分くらいの頑張りで行者谷分かれに到着する。
ここからは夏山登山道を登って行くが、暫くすると雪の登山道となる。
アイゼン無しで登って行けるが、下りは気を付けないと変な方向に滑り落ちたら大変である。

元谷からの大山稜線 元谷避難小屋
行者ルートを登る 上部は木道
振り返ると大山 行者谷分かれ

六合目避難小屋はものすごく小さく少々ビックリした。
避難できるだけでありがたいと思える時はきっとあるのだろう。

八合目を越えると頂上へはもうすぐそこ。
山頂避難小屋が見えて来る。

六合目避難小屋 避難小屋周辺は雪がたっぷりある 避難小屋周辺の雪
八合目へ向かう 足元の日本海
石室との分岐 山頂へと続く木道 山頂避難小屋

10:35 山頂到着。
日本海が綺麗に見えているが風が強く寒い。
剣ヶ峰へと続く稜線は非常に細く、通行止めとなっているのが頷ける。
360度の展望が広がる。期待通りの景色であったが寒いので少し下ってからコーヒータイムをとることにする。
小屋を覗くと既に売店が営業していた。

山頂

八合目くらいまで下りて風が来ない絶景地を見つけて休憩に入る。
コーヒーを沸かしてノンビリするのが最近の登山スタイルになってしまった。
足元には日本海、大山の稜線には雪、空は青空、欲を言えばもう少し澄み切った空が欲しいが、春なので多少の霞は仕方が無い。

八合目付近にて

さあ明日からのボランティアに向けて下山しなければ…
でも今日は下山して大山町のキャンプ場に行くだけなので、ゆっくりな足取りで下って行く。

四合目あたりまで下ると、韓国からの団体の登山者が延々と登って来る。
大山は東京から車で来るより、韓国から米子空港経由で来る方がよっぽど近いのだろう。
道路標識は日本語・英語・中国語・ハングルと色々な言語で書かれていることが頷ける。

山ノ神の看板 山ノ神
阿弥陀堂 南光河原駐車場はもうそこ

12:50 南光河原駐車場に到着。
駐車場はほぼ満杯になっていた。
モンベル店へ行ってみると、大山が目の前に見えて非常に良い立地であった。

モンベル店からの大山

これからテントを張る夕陽の丘へ移動となる。
夕陽の丘と言う名称通り、日本海に沈む夕日が見えるだろうか..

夕陽の丘キャンプ場 島根半島に沈む夕陽

夕陽の丘からの夕陽は、島根半島に沈んで行った。
さあ明日からは森林整備のボランティアが始まる。

記録:澤田
写真:中谷・澤田


 リコー山の会のホームページに戻る