RICOH

2017年01月29日:檜洞丸

参加者:L甲谷・和田・中谷・澤田


1月29日(日) 晴れ
 西丹沢自然教室7:50-ゴーラ沢出合8:35/8:50-展望台9:40/9:55-分岐11:20-檜洞丸11:40/12:20-展望台13:10/13:20-ゴーラ沢出合14:00-西丹沢自然教室14:45

今年はどか雪が降ったり暖かい日が続いたりと、異常気象なのかなぁと思う日が続く。
丹沢の山はいつになく雪をかぶっている。
甲谷さんから檜洞丸の誘いがあり、今年最初の山は丹沢となった。

西丹沢自然教室3℃
雪は無いがやっぱり寒い。
今日は14℃くらいになると言うが、早く陽があたって暖かくなると良いのだが西斜面なるでしばらくは寒そうである。

7:50 西丹沢自然教室を出発する。
道路から枯れ沢のような登山道が始まる。
しばらく急な斜面を登るが、あとはトラバースぎみの登山道が続き、沢が見え出して少し下ると、ゴーラ沢出合である。

朝の西丹沢自然教室 登山道に入る 平坦な登山道が続く ゴーラ沢出合

ここで一本立てる。
ここからが本当の登りである。
沢の脇の石段から登りが始まる。
ところどころ氷っていて登り難い箇所がある。
昼くらいには解けてくれると良いのだが、帰りに手こずらないだろうか?
高度が増すにつれて雪が出始めてくる。
左手に林道が見えて来て、展望台のベンチに到着する。

出合からいきなり急登 一休み 雪が出始める

甲谷さんから、アイゼンつけましょうと言う指示でアイゼンを装着。
今日は雪が多いかなぁと思って革靴にしたのでアイゼンは12本爪、装着後は滑らなくなったのは良いが雪が切れると歩き難い。

鉄梯子を登り、しばらく登ると木道が出てくる。
アイゼンを履いているので申し訳ないが、こればかりは仕方が無い。

がっちり雪! 梯子を越え上で 分岐に到着

11:20 石棚山分岐。
ここまで登れば山頂はもうそこである。
山頂手前には、ソーラーと風力の発電設備が設置されていた。
これも最近の山の特徴かもしれない。

11:40 山頂に到着する。
檜洞丸の山頂は広く、ベンチがいくつも用意されている。
山頂からは富士山が見えるが、今日の富士山は背景が薄曇りでコントラストが今一つ。
蛭が岳や丹沢山は綺麗に見えるのに少々残念である。
山頂で中谷さんがラーメンを振る舞ってくれて身体が温まる。

山頂

12:20 山頂をあとにする。
雪がついているので下山は早い。
どんどん下って行くが、久しぶりのアイゼンと少なめの雪なので下りの負荷が高い。
もうそろそろと思っていると展望台に到着する。

この下は氷っていたのでもうしばらくアイゼンを履いて下る。
雪がめっきり減って歩き難いがもう少し辛抱するしかない。
雪がなくなったのでアイゼンを外すがその先がしばらく氷っていた。少々失敗!
左側に沢音が聞こえだし、14:00 ゴーラ沢出合に到着する。

展望台から下りだす ゴーラ沢出合を下る

一本立ててアイゼンを洗う。
明日は会社、山の後片付けを簡単に済ませる為には、山の中でできることは極力やってから帰った方が良い。

さあ最後の登り。
5分くらいで登り切り、ここからはトラバースぎみの山道を快適に下り、右に曲がって最後の急な下りに突入する。

14:45 西丹沢自然教室到着。
ちょうどバスの時間。我々は車で来たのでこの時間にあわせて下りて来たわけではないのだが...

一日中晴れの穏やかな日であった。
年初めの山としては、満足な一日となった。

道路まであとちょっと 西丹沢自然教室到着

記録:澤田


 リコー山の会のホームページに戻る