RICOH

2016年12月11日:三ノ塔

参加者:L國保・澤田・堀・曽我・白井


12月11日(日) 晴れ
 ヤビツ峠8:25-塔ノ台9:00-菩提峠9:30-二ノ塔10:30-三ノ塔10:50/12:30-牛首14:00-大倉15:00

塔ノ台展望台

今年も忘年山行の時期になってしまった。
秦野7:35のバスに乗るには、家を暗い内に出ないといけない。
こんなところにも年の瀬を感じてしまう。
今日は天気は良いが朝は冷え込んでいる。
風が無く穏やかな山頂が良いが、そんなに都合の良いように行くのだろうか?
7:35のバスは、いつものように寿司詰めである。

ヤビツ峠に着くと登山者がいっぱい。この寒いのにと思うが私もその一人である。
今回は三ノ塔までしか行かないので、塔ノ台経由で登ることになっている。
塔ノ岳まで行くには遠回りと言うこともあって、人が少ないことが良い点である。

約30分で展望台に出る。
今日は相模湾や富士山が綺麗に見えている。

ここからは菩提峠に向かって下って行くことになる。
菩提峠手前にパラセールの出発点がある。上に立つと山から飛び下りるようなところからよく飛べるものだと思う。
峠まで下ると結構な数の車が止まっている。

パラセールの出発点

林道を少し歩くといつもの二ノ塔への登山道と合流する。
ここからは人が多くなるが、12月なので歩いていて困るようなことは無い。
順調なペースで10:30に二ノ塔に到着する。
すぐそこに三ノ塔が見える。今日の目的地である。

二ノ塔へ向かう 二ノ塔山頂 二ノ塔から三ノ塔を望む

あと20分。
三ノ塔への登りも快調に進み、予定より少し早く10:50に三ノ塔の山頂に到着する。

今日は忘年会山行、ツエルトを出して敷いてゆっくりと昼食タイムとなる。
國保さんがポッカしてくれた豚汁で暖まる。
到着した頃は少し風があり寒かったが、しばらくしたら風も止み、快適である。

三ノ塔山頂が見える 三ノ塔山頂 豚汁に舌鼓

あとは下るだけ、三ノ塔尾根を下るのだが、登って来た時に分岐に気がつかず、分岐を探すことになってしまった。
分岐は二ノ塔に向かって下り出したところにあった。

しばらくは林の中の下り、気がつくと下りは急になって行った。
約1H、脇に林道が見えてくる。
斜度は緩やかになって来て、舗装の林道に到着する。

三ノ塔尾根を下る 段々急になる もう林道?

ここからは林道か尾根道かの選択となるが、今日は林道を下る。
途中何人かに会うがどこに行くのだろう。
そうこうしている内に大倉の吊橋が見えて来て大倉に到着する。

一日中良い天気。
あとはバスで渋沢に出て、駅前で忘年会である。

吊橋が見える 吊橋を渡る 大倉から三ノ塔を望む

記録:澤田
写真:國保・澤田


 リコー山の会のホームページに戻る