RICOH

2016年10月23日:赤城山

参加者:L澤田・志賀・和田・中谷・國保・秋月(ゲスト)


10月23日(日) 晴れ時々曇り
 ビジターセンター9:45-黒檜山登山口10:10-猫岩10:30-黒檜山11:50/12:25-駒ヶ岳13:10-駒ヶ岳登山口13:55-ビジターセンター14:00

大沼の紅葉

今年2度目の4:49発に乗っての山旅が始まる。
今回は赤城山、帰省で近所を通るものの、今まで一度も登っていない。
流石に東京を横断しての電車旅は結構遠い。
8:30に前橋に集まって赤城山の麓へ向かう。

9:45 少し遅くなってしまったがビジターセンターに車を止め、登山口へと向かう。
湖畔の紅葉が綺麗である。
風が冷たい。山頂に行ったら寒いだろうか?

ビジターセンター 大沼に沿って暫く進む

黒檜山登山口は、道路からいきなり急登が始まる。
今日はゲスト山行なのでゆっくりとしたペースで登って行く。
少し登ると足元に大沼が見えるところに出る。
その先が猫岩。
猫は雪形?それとも岩がある?どれが猫の形なのかわからなかった。

更に登ると富士山が見えると書かれた看板がある。
その方向を眺めると雲の中に頭の一部がかろうじて見えている。
すっきり晴れていたらどんなに良い景色なんだろうか?

黒檜山登山口 足元に大沼が見える 登りが続く

ルートは稜線に出るまで、ほぼ同じような斜度で登っていた。
今日は登山者が多く、あっという間に渋滞となってしまう。

高度が上がると景色も良くなる 登りが延々続く

11:50 約1時間半で山頂に着く。
ものすごく混んでいる。
寒いので移動しようと言うことになったが、場所が空いたので山頂で休憩することになった。
山頂から駒ヶ岳経由で下山したが、山頂から少し行ったところに神社があり、そこの前の方が静かで風も無く、今日の休憩には適していた。まあ仕方が無い。
コーヒー沸かしてゆっくりとなのだが、人が多くて落ち着かない。

黒檜山頂 遅れて登場?

山頂から駒ヶ岳には関東平野が良く見える場所を通り、途中から一気に下って行く。
この山は良く整備されていて、しっかりとした階段がついているのには驚いてしまった。

ひっそりとした黒檜大神 関東平野が広がる 階段が整備されているので快適 駒ヶ岳へ向かう

かなり下ったところに、大たるみの標識があり、そこから駒ヶ岳へと登り返しとなる。
今日最後の登り、まあゆっくり登れば必ず山頂にたどり着く。

駒ヶ岳の山頂は風が強かったが、関東平野の景色がとても良かった。
寒いので、もう少し進んで大沼への分岐で一本立てる。

駒ヶ岳山頂 ちょっと休憩

すぐ脇に手すりのある階段が見える。
ここから35分下りが続く。
下りも良く整備された登山道が続いていた。
両手すりの鉄の階段が続くが、ここはすれ違えないので、両方向の登山者がいる時間帯は、どうしているのだろう。
鉄の階段、木の階段、登山道と、下りに飽きてきた頃、道路が見えて来て、登山道の終点となる。
ビジターセンター手前の温度計が9℃と表示されている。寒いわけだ...

14:00 ビジターセンターに到着する。
このところ雨の山行が多かったので、今回は晴れてくれたし紅葉も良かったので秋の山が堪能できた。
次はどこに行こうかなぁ....

鉄の階段を下る 木の階段を下る またもや鉄の階段 登山口到着 ビジターセンターはすぐそこ

登降記録

記録:澤田
写真:國保・澤田


 リコー山の会のホームページに戻る