RICOH

2016年10月10日:岩木山

参加者:L澤田・甲谷・中谷・月岡(ゲスト)


10月10日(月) 晴れ時々曇り
 八合目駐車場8:30-九合目分岐9:05-山頂9:35/9:45-八合目駐車場10:45

あじゃらの森キャンプ場から岩木山を望む

青森山行第3日目。
さあ今日これ岩木山!
あじゃらの森キャンプ場から岩木山方面を見ると、岩木山がその姿を表している。
今日は期待できる。

朝食をとって、早速岩木山へと向かう。
岩木山スカイラインで8合目まで行き、そこから一時間くらいで山頂に登れる。
スカイラインが開くのが8時、下山したら東京までの長い道のりが待っている。

岩木山がだんだん近づいてくると、山頂付近が白いことに気がつく。
雪? 白っぽい岩? 8合目についてみると雪であることがはっきりとしてしまう。

8合目の気温は3℃、とっても寒い。
天気は良いので早速支度をして登り始める。
8合目辺りも昨日までの雨のせいか、登山道はグチャグチャである。
徐々に高度が上がると、周囲の紅葉が綺麗に見えだす。
今日は紅葉と雪で、とても山が綺麗である。

駐車場で準備開始 いざ出発 目指すは雪の山頂 笹が生い茂るグチャグチャの登山道を進む

35分でリフトからの道と合流する。
暫く進むと非難小屋があるが休憩は帰りにとっておく。
山スキーなら、ここからの滑りも楽しそうな斜面である。

リフト乗場分岐 麓は紅葉 暫く快適な道 避難小屋前はスキーに適した斜面

この辺りから雪が出始める。
滑らないように気をつけながら進むが凍っていないので、問題無く進むことができる。
非難小屋前に山頂まで20分と書かれてあったが、本当にそれで着くのだろうか?

避難小屋からは雪の斜面 山頂まで雪が続く 木々も寒そう

9:35 山頂到着。
タイミングが悪いのかガスの中、おまけに雪が舞っている。
風もあるので、寒いことから、記念写真を撮ってさっさと下山する。

岩木山山頂 山頂の鐘

ルートが登りと下りで左右に別れているように書かれいるが、雪がついているせいか、お構いなく下から下山側を登ってくる人達が多くしばしば足止めをくう。
マナーを無視するのは、大体大人数で登っている人達で、非常に残念である。

非難小屋まで下りて一段落、でもまあ東京まで帰ることを考えるとのんびりできないので、休憩は無しでそのまま下山する。

10:45 8合目到着。
天気が一瞬回復して山頂が見える。
初冠雪なのか、TVの中継車も来ている。
レストハウスに入るとファンヒーターがついていて暖かい。
昨日まではどこに行ってもストーブがついていなく、青森の人は寒さに強いんだなあと思っていたが、流石に今日は冷え込んでいるのだろう。
下は天気が良く、日本海が綺麗に見えている。

八合目リフト乗場が見えて来る 八合目到着寒かった

第1日目の雨の影響で、当初予定していた梵珠山・阿闍羅山には登れなかったけれど、東北の秋を堪能できる山行となった。
観光もあり、全行程3日間で1750kmの旅となった。

記録:澤田
写真:澤田・月岡


 リコー山の会のホームページに戻る