RICOH

2016年10月09日:八甲田山

参加者:L澤田・甲谷・中谷・月岡(ゲスト)


青森への2泊3日での1600km爆走の旅が始まる。
山は八甲田山・岩木山・梵珠山・阿闍羅山の4座に登る予定であるが、さてどうなることか..

第1日目は青森に入る前から雨が降り始めてしまった。
岩木山に登る予定であったが、キャンセルして五所川原に向かって太宰の斜陽館を見学して、シーハイルの碑を見て、早々と酸ヶ湯に行くことに予定を変更する。
臨機応変、酸ヶ湯にゆっくり浸かって、テントでノンビリ...
とは言え雨の中のテント、快適かは皆さんの想像にお任せします。

斜陽館を見学 シーハイルの碑 青森県立自然ふれあいセンターでキャンプの予定が..

10月09日(日) 曇り時々雨
 酸ヶ湯キャンプ場6:15-仙人岱7:50-大岳8:35-避難小屋8:55/9:25-上毛無岱10:15-下毛無岱10:35-酸ヶ湯キャンプ場11:20

酸ヶ湯駐車場の辺りは紅葉している

朝起きると雨は降っていない。昨日ほどの風も吹いていない。
天気は今一だけれども、大岳への登山を決行することにした。

隣のテントの人は、日程に余裕があるのだろう。今日は停滞で明日登ると言っている。

6:15、酸ヶ湯キャンプ場を出発する。
道路脇の駐車場には結構車が止まっている。
道路を渡って登山道に入るが、昨日の雨の影響で登山道はグチャグチャである。
しばらく進むと硫黄臭いところに出る。
その先に進むと今度は風の強い場所に出る。
ここでこんなでは、山頂はビュービュー状態だろうか?

登山道入口 グチャグチャな道を登る 沢を渡る

7:50 仙人岱ヒュッテとの分岐。
湿原の木道付近は風も無く穏やかなので、この先の寒さに備えてカッパの上を着る。
この時手袋を出しておかなかったのが、あとでの敗因となった。
しばらく登ると樹林帯を抜け、風が直接身体に吹き付ける。
手が冷たいがザックを下ろしたく無いくらい風が強い。
あとちょっとで山頂なので、そのまま先に進む。

仙人岱 清水が湧いている 仙人岱ヒュッテとの分岐

8:35 山頂到着。
山頂は広く、天気が良ければここでコーヒーを沸かして景色を楽しむところであるがそんな余裕は無い。
記念写真を撮って、下山を開始する。

大岳山頂はガスの中

この先の非難小屋で風を避けて休憩するしかない。
非難小屋は立派なログで組まれた快適な小屋であった。
内部は三層構造で、トイレも完備されている。

暖かいので、コーヒーを飲んでゆっくりと休憩する。
そう言えば、風が強くて行動食すらとっていなかった。

避難小屋は立派なログハウス

9:25 避難小屋の外に出ると空が少し明るくなっていた。
天気は回復の兆しなのだろうか?
下山を開始すると、雲が切れて山々の紅葉が見える。
前の山の上に、ロープウェー駅も見える。
昨日は運休していたが、今日もこの風だと運休かなぁ…

250段以上続く階段を下りると、湿地帯が広がっている。
上毛無岱かな?
木道が濡れていて、滑り易くなっている。
紅葉した風景を見ながら歩いていると、やはり滑ってしまった。

小屋を出ると下界が見える 長い階段を下る(写真は上っている) 湿原に出ると紅葉している

そうこうしているうちに、下毛無岱。
天気が良ければ、ここで紅葉見ながらコーヒーでも沸かしてのんびりするのだけど、今日はそんな天気では無い。
先を急いでいると30人くらいの集団に追いついてしまう。
狭い木道、しばらくはあとについて追い越しのタイミングをはかるしかない。

下毛無岱?

そんな攻防があり、気がつけば湿地帯を抜け、樹林帯の中に入りグチャグチャの道との戦いとなってしまった。

まだ着かないかなぁと思っていると、足元に酸ヶ湯の建物が見え、登山道も終わりとなる。
あとはキャンプ場に戻って、テントを撤収してあじゃらの森のキャンプ場に移動するだけである。

酸ヶ湯温泉が見えて来る お客様で溢れかえる酸ヶ湯 酸ヶ湯キャンプ場はガラガラ

記録:澤田
写真:澤田・月岡


 リコー山の会のホームページに戻る