RICOH

2016年08月18日:剣山

参加者:澤田


道後温泉からは流石に遠かった。
山道に入り40km登って登山口に到着したのは23時になってしまった。
登山口の標高が高いので、猛暑でも快適である。
夜中少し寒くてシュラフカバーを広げて入るくらいであった。
朝はピーカン、今日は期待できる。

08月18日(木) 晴れのち曇り
 見ノ越6:20-西島駅7:10-刀掛の松7:30-おくさり7:45-鞍部8:25-一ノ森頂上8:35-剣山頂上9:35/10:00-大剣神社10:10-西島駅10:35-見ノ越11:10

見ノ越駐車場

登山リフトがある見ノ越には立派な駐車場とトイレがある。
ここまで整備されていると、夜中に着く登山者にはありがたい。
出発準備をし、6:20出発する。

リフトじゃないので、剣神社から登ることになる。
まずはお詣りして今日の登山の無事を祈願する。
神社の脇に水が出ている。
冷たくて気持ちが良い。

神社からはしばらくは斜度も少ない快適な登山道が続く。
しばらく登るとリフトをくぐる。
すぐそこで分岐、登りがきつくなる。

でもそんなにきついわけではない。
順調に、ぼちぼち登って行く。

剣神社へ 神社右脇から登山道が始まる 良く整備された登山道 リフトをくぐる

7:10 中島駅に着く。
まだリフトは動いていない。
リフト乗り場からの景色がとても良い。
山頂の小屋も見えている。
でもまずは一ノ森を登ってから剣山の山頂を目指すことにしている。

中島駅 中島駅からの景色 山頂はバッチリ見えている 中島駅からの登山道 大剣神社方面との分岐 テキサスゲート 刀掛の松 一ノ森への分岐

しばらく登ると一ノ森との分岐、しばらくは登山道が下って行く。
この先鎖があると書いてあったが、どんなところだろうか?
そう思っているとおくさりが出てくるが、ここを登れるのは細身の人だけかもしれない。

不動の岩場へ 不動の岩場 おくさり

穴吹川源流を進む。
ほど良い木陰で気持ちが良い。
しばらく進むと稜線が迫ってきてルートが合流する。

穴吹川源流の標識 冷たい水を一杯 鞍部 鞍部の碑

一ノ森まであと10分、剣の山頂はガスがかかっている。
8:35 一ノ森頂上到着。
一ノ森ヒュッテは少し離れているのかと思っていたが、山頂からすぐのところに見える。

一ノ森山頂から剣山を望む

下りはヒュッテ経由で鞍部に戻る。
山頂までは登りだけ。頑張るしかない。

気持ち良い稜線を進む① 気持ち良い稜線を進む②

一時間かなぁと思っていたが、40分強で着いてしまう。
と言っても山頂では無くヒュッテの上のテラスであり、左に見えるのが山頂である。

木道を歩いて9:35山頂に到着する。
写真を撮って山頂を離れて、木道にあるベンチでコーヒーを沸かして休憩をとる。
山頂は晴れているが、ガスで山々が見えない。
山頂にはきれいなトイレが建っていた。

山頂左側テラス 山頂はもうすぐ 山頂周辺の案内 剣山山頂 標高は.. 剣山本宮

10:00 頂上ヒュッテ脇を通り、下山を開始する。
大剣神社に寄って、あっと言う間に中島駅に着いてしまう。
中島駅はガスの中、行く時に写真を撮っておいて正解であった。

天気が良かったら景色を見ながらリフトで下りても良いかなぁと思っていたが、ガスでは仕方がない。
510円はまたの機会にと言うことで、登山道を下ることにする。

30分の下りで剣神社、安全登山のお礼参りをして11:10駐車場に戻る。
これから麓に下りて行くが、下界は35℃くらいあるのかなぁ?

記録:澤田


 リコー山の会のホームページに戻る