RICOH

2016年07月29日:霧ヶ峰

参加者:L澤田・山川(ゲスト)


天城の手伝いで山行が1日短縮となった。高妻山に行こうと思っていたが諦め、帰り道でもう一座登って帰ろうと言うことになった。
一番近い草津白根山は警戒レベル2で山頂に近づけない。
それならと言うことで、霧ヶ峰に寄って帰ることになった。
牟礼から下道で向かうが結構遠い。
今日は平日なので、高速の割引きが無いのでこれしかない。

07月29日(金) 曇り
 車山肩11:20―車山山頂11:50/12:15―車山肩12:40

11時にリフト乗り場に着く。
ここでコースを考える。
山は曇って来ているので、雨が降ってくるかもしれない。
リフトから歩いて登って、奥の湿地まで行くと良いと先輩から聞いていたが、今回は最短コースで往復することにし、車で車山肩まで登ってしまう。

バス利用が良いが... 車山肩のレストハウス

ここからは本当に楽勝。山頂のドームがそれほど遠くないところに見える。
ルートははっきり、しかも広め、上からどんどん登山者が下りてくるが、すれ違いに全く問題は無い。

30分登って山頂に到着。
こんなに簡単に山頂に立ったのは、八幡平以来である。
昼時間と言うことで、平日にも関わらす山頂にはそこそこの人がいる。
記念写真を撮って昼食休憩に入る。
麓は陽が当たっていて綺麗である。
高原の涼しい風に癒される。

山頂ドーム 車山山頂 山頂から麓を望む

さあそろそろ帰るかな?
下山を始めると空がどんどん暗くなってきて雨が降りだす。
まあ少々の雨ならこのまま行っても大丈夫だろう。
でもあまり濡れない内に早めに下りなければと足早になって行く。

雨は車山肩手前で止んでしまう。
車山肩から湿地を望める。次回は花の時期にのんびり来よう。
これから帰京、晩には天城への移動が待っている。

車山肩の湿地案内

記録:澤田


 リコー山の会のホームページに戻る