RICOH

2015年09月12日:安達太良山

参加者:L澤田・杉田・大谷・和田・小森・櫻井・甲谷・中谷・國保


昨年の3月に「しばらく安達太良行ってないので登りたいね」とOBに言われていたが、その約束を一年越しで果たすべく9月に安達太良山への山行計画を行った。
出発直前に台風及び水害があり、本当に行けるのだろうかとかなり心配していたが、天候も回復したこともあって予定通り決行することとなった。
今回は総勢9名と言う大人数での山行である。

2:45 ロープウェー駅の駐車場に到着。
満天の星空であるが、風がかなり強い。
車3台でテントを囲むようにして設営する。

09月12日(土) 晴れ
 ロープウェー山頂駅8:45-表登山口との分岐9:20-安達太良山10:25/11:20-くろがね小屋12:15-ロープウェー山麓駅13:30

山頂駅到着

6:30 起床。
「地震があったよね?」と言われるが、全く気が付かずに寝ていた。
東京では震度5弱の場所もあり、かなり揺れたようである。
天気は上々。暑くもない。
仕度をして8:10、ロープウェー駅へと向かう。
JAF会員証があると往復だけではなく、片道も割り引いてくれる。
持っているものは使わなければ....

ロープウェーで景色を楽しむこと10分。
山頂駅へと到着する。
ここからが本当のスタートである。

8:45 全員で山頂へと向う。
当初は山頂往復組の2名は、ゆっくり登るよと言っていたが、和田さん先頭で全員で登り始める。

山頂へ向けて出発 山頂が少し見えたところで小休止

9:20 表登山口との分岐。
この辺りまで来ると視界が開け、山々が綺麗に見渡せるようになる。
皆さん快調で、このまま行けば全員での登頂も行けそうである。

表登山口との分岐 順調に登って行く そこまで行けば山頂も近い

10:05 奥に山頂が見えて来る。
あと10分くらいで着くだろうか?
確実に一歩一歩近づいている。

10:15 山頂直下到着。
あとは最後の岩場を登るだけである。
稜線に出てから風が冷たいので、長袖を1枚来て山頂へと向かう。

山頂が真近に見える 山頂直下に到着

10:25 山頂到着。
雲の先に磐梯山、左に猪苗代湖、右に秋元湖、奥に檜原湖、多少雲があるものの景色は期待以上である。
全員無事登頂でき、これもまた皆様のおかげと感謝し、山頂で記念写真を撮る。
やっと一年越しの約束達成であるが、下山までが山登り、安全に下山しなければならない。

山頂

山頂直下まで下り、少し早めの昼食休憩となる。
コーヒーを沸かし、 朝の残りのおにぎりとパンを食べていると、皆さん色々なものを担ぎ上げているようで、色々とご馳走になる。

山頂標識 休憩はここで

11:20 あまり長居をせず下山開始する。
ここで杉田さん・大谷さんのロープウェー組とは暫くお別れ、2人を見送って我々7名は稜線を進む。
牛の首まで進むと眼下に沼ノ平が見える。今日はガスが上がっているようには見えないが、立ち入り禁止区域には近づくべからず。
さっさと峰ノ辻を経由してくろがね小屋へと下りる。
稜線を離れると涼しい風がなくなり、暑くなってくる。

ロープウェー組を見送る 徒歩下山組は稜線を進む 沼ノ平

12:15 くろがね小屋到着。
荷揚げのジムニーが止まっている。
ここからは林道歩きが続く。
和田さん、小森さんは超特急で下りて行ってしまった。
下までは林道、レストハウスで合流すれば良い。

稜線を離れると暑い① 稜線を離れると暑い② くろがね小屋

でもここからの林道が長い、いつまで経っても旧道との分岐にならない。
少しウンザリしてきたころ、やっと旧道との分岐となる。
旧道は馬車道と書かれた林道を真っ直ぐ突っ切る形で距離が短い分急であるが、300mの違いは魅力的である。

林道歩き 分岐到着

旧道に入って少々後悔したのが、昨日まで降った雨でかなりぬかるんでグチャグチャな点であった。
こんなところで転びたくない、慎重にそしてスピーディーに下って行く。

13:30 山麓駅到着。
和田さんと小森さんは、どのくらい前に着いたのだろうか?
杉田さんと大谷さんは、既に着いているのだろうか?
先に着いた方々に電話してみると、レストハウスに居ると言う。
レストハウスに行くと、既にビールで労を労っているところであった。

今夜の宿は、岳温泉の「あだたらふれあいセンター」。
宿に着いて熱っつい温泉に浸かり、今夜は皆さんとの懇親会を十分楽しむだけである。

記録:澤田


 リコー山の会のホームページに戻る