RICOH

2015年04月18日:会津駒ヶ岳

参加者:L中川・澤田・月岡


中川さんから会津駒に行かないかと誘いのメールが届く。
会津駒は20年ぶりくらいだろうか?
高速下りてから遠いことと、下の方は樹林帯の中を滑った印象が蘇ってくる。
この週末だけ天気予報が良い。

金曜日、割り込み仕事が入らないようにし、早めに出発できるようにチャチャっと仕事を終わらせる。
0時過ぎに那須塩原で高速を下りたがここからが遠い。一時間半走って、道の駅番屋に着いて仮眠する。
外は0℃で結構寒い。

5時半起床。周囲の車が随分減っている。
皆さん山に行ったのだろうか?
天気予報通りの晴天。
車を走らせて登山口へと向かう。

04月18日(土) 晴れ
 駐車場7:25-登山口7:35-林道8:10-登山道合流10:00-1993m12:10-駒ノ小屋12:35-山頂12:55/13:40-登山道との分岐14:05-登山口14:45

テニスコート脇駐車場

7:25 登山口近くの駐車場を出発。
テニスコートのトイレも、登山口のトイレも、冬季閉鎖中だった。

登山口から雪があるので、最初からシール登行することになり板を履く。
歩きだしたらすぐ雪が切れているところにでてしまい、30mくらいバタバタと道を歩くことになってしまった。
その先からは、山頂まで雪が切れることは無かった。
しばらく進むと橋があり、林道からはずれ沢筋に進み、林道をショートカットするルートをとる。

登山口のトイレは雪の中 早速シール登高となる

右側から林道が見えて来るが、ここが大変。
踏み出しを誤って林道手前でずり落ちてしまう。
何とか林道に上がって小休止。ここからも林道ではなく尾根に向かって谷を登って行く。
帰りもこの林の中を下るのかなぁ....
立木は良いのだが、枝がなかり落ちていて、足をすくわれそうである。

尾根まで出ると景色が開けている。
ここからは尾根沿いに登って登山道と合流する。

尾根に上がれば気分爽快内 黙々と樹林帯を登る 帰りが楽しみ

いつの間にか登山道と合流し、赤テープが目立つようになる。
以前来た際には、樹林帯を越えたところからは快適な滑りができたが、林の中は結構滑りで苦戦した印象があった。
まあそれから20年。そこそこ滑れるようにはなったのだが....

会津駒ヶ岳山頂が右手に見えて来る。
そして樹林帯を抜け、駒ノ小屋に向かう丘を越え、ルートは右に曲がって行く。

1993mピークが近づくと開ける 右手に会津駒 駒ノ小屋手前

山頂まであと少し、ここが最後の登りである。
12:50 会津駒ヶ岳山頂到着。
尾瀬の山々が綺麗に見えている。
今日は快晴。景色も良い。雪も良い。
あとは山頂でコーヒーを飲んで、麓まで滑り降りるだけである。

会津駒ヶ岳山頂 尾瀬の山々 滑り出しの準備完了

13:20 下山開始。
山頂からの斜面は、広いし、なめらか、言うことが無いバーンである。
思い思いにシュプールを描き、小屋の近所まで下ってしまった。

出だしは快調 斜面も良い

ここからは尾根を進む。
ところどころ斜度が無くなるので、歩くのが嫌な場合はスピードをつけて登り切ってしまわないといけないが、その先は樹林帯。気を付けて滑らないと怪我につながってしまう。

樹林帯も楽しい。
皆、林の中をザザッと滑り降りて行く。
大分下ったなぁ.. そろそろ右側に下りないといけないのではないか?
中川さんがGPSで位置確認をする。
登山道が左に曲がる辺りに来ているようだ。
右に少し下りると、見覚えのある岩がある。今朝登ったルートに入れたようである。

林の中も快調に飛ばす 木をくぐり

ここからは林の中を一気に下る。
気が付けば林道手前の谷まで下りてきてしまった。
枝が落ちて気になるが、もう行くしかない。

枝なんて気にしない

林道まで下り、今朝ずり落ちた谷に入り、最後の橋を渡るとあとは林道。
少し進むと雪が切れているので、板を外す。
皆は先の雪が出たところでスキーを履いたが、私は面倒なのでそのまま担いでボコボコと歩いて下りる。

14:45 登山口到着。
今日は、荷物を積んだら桧枝岐の民宿泊りである。
「やなぎや」ってどんな宿だろうか... その前にビールを買わなければ...

登山口到着

記録:澤田
写真:月岡・澤田


 リコー山の会のホームページに戻る