RICOH

2015年04月12日:乾徳山

参加者:L和田・甲谷・中谷・澤田


和田さんから、乾徳山に行かないかと誘われる。
来週会津駒に山スキーに行くので、連続で山に行くのはなぁと思うが、行ける時に行っておかないとと思い、行く返事をする。
このところ週末の天気が悪いが、今週は日曜日だけ晴れの予報が出ている。

4時、地図をザックに入れ忘れたことが気になって起きてしまう。
5時半に起きれば良いのだが、寝られなくなってしまう。

04月12日(日) 晴れ
 徳和駐車スペース9:10-登山口9:20-銀晶水9:45-駒止10:10-錦晶水10:45-国師ヶ原11:00-月見石11:30/11:40-乾徳山12:55/13:30-高原ヒュッテ14:35/14:50-登山口15:50-駐車スペース16:00

8:50徳和からしばらく入った登山道入口手前の駐車スペースに着く。
予定通り。
天気も良い。

9:10 出発
10分歩くと立派な看板のある登山口に着く。

登山道案内 登山道入口

9:20 林道を離れて山道に入る。
9:45 銀晶水。水は管から出ているものの、その先では地中に潜ってしまっているようである。

10:10 駒止で一本立てる。
ここまでは九十九折のきつい登りであったが、ここからは少しは楽になるのかなぁ....

10:45 錦晶水。
一本たてて行動食をとる。
錦晶水は結構な水量が出ている。

錦晶水

11:00 国師ヶ原。
左側に立派なヒュッテが見える。
ヒュッテの裏の山が乾徳山だろうか?
それにしては近すぎないか?

国師ヶ原 月見石への上りからの富士山

11:30 月見石。
途中、富士山が綺麗に見える。
このところ富士山が見える山行が多い。
月見石で和田さんがオレンジを切り分けてふるまってくれた。
重いのにありがとうございます。

月見石到着① 月見石到着② 月見石で休憩

扇平からは、登山の様相が強くなる。
岩場あり、梯子あり、鎖ありで、中々山頂に着かない。
山頂直下の鎖場では、ヘルメットを被った軍団が順番待ちしている。

鎖場を登る 1本目を登りきる

12:55 乾徳山山頂到着。
鎖場の順番が空き、やっと登ったら山頂もごった返している。
記念写真だけとって、水のタル側を確認し、思ったほど雪が残っていないのと、人が少ないことから、下山は水のタル側から下ることにし、山頂から離れる。

乾徳山山頂にて

13:05 梯子を下りて少し進んだ場所で、若者2名がコーヒーをミルで引いて飲んでいる。
良い香りである。
我々もその先の広目の場所で昼食タイムに入る。

山頂から梯子を下りる 岩場で休憩
稜線からの分岐

13:30 下山開始。
人が少ない側に来たので、鎖場での順番待ちの心配は無いが、往路と違って多少雪がついている。
ここで滑るわけにはいかないので、慎重に歩を進めて行く。
下り始めて5分で分岐に到着する。
ここからは急降下の登山道を下って行くことになるが、行けども行けども水平になって行かない。
水平にならないことには、ヒュッテには到着しない。

14:35 高原ヒュッテ到着。
トイレは冬季閉鎖中。
ヒュッテは非常に綺麗で、床板も張り替えられていて、大きなストーブもある。
国師ヶ原の分岐まで進んで、一本立てる。
鹿が出迎えてくれる。でも全然逃げない。

高原ヒュッテ 鹿も出迎え

14:50 国師ヶ原出発。
大平高原から登っていればあと少しだが、今回は徳和から登っているので今朝登ったルートを下るしか無い。
1時間半も下れば車に戻れる。

下りは早い、あっと言う間に、錦晶水。
そして、駒止を過ぎてしまう。
銀晶水で最後の休憩で止まる。
あとは30分くらいかなぁ...
皆さんから、そんなにはかからないだろうとの声が...

15:50 林道が見え、登山口の看板が見えて来る。
16:00 駐車スペース到着。

登山口到着

もう少し楽な山行だと思っていたが、7H行動となってしまった。
既に他の車の登山客は下山済みのようで、1台も車がいなくなっている。

帰って来てから調べて見ると、大平高原からのルートの方がずっと楽であることがわかった。
そう言えば和田さんは、乾徳山には牧場があってと言っていたが、今回登ったルートには無かったのもそのせいだったのか?
山頂にいた多くの人達は、大平高原からの登山者だったのかなぁ...
出発前に仕事でバタバタしていて、事前調査不足だったことが、今回の山行の大いなる反省点である。

記録:澤田


 リコー山の会のホームページに戻る