RICOH

2015年02月11日:塔ノ岳

参加者:L和田・甲谷・中谷・澤田


甲谷さんと大倉尾根に行くけど、一緒に行きませんか? 和田さんからお誘いのメールがあり、塔ノ岳に行くことになった。
直前にネットで調べると花立からは結構雪がついている。少々重いけど、革靴にアイゼンで行くしか無い。
6時に起きると天気予報通りの快晴。チャチャっと支度をして駅へと向かう。

02月11日(水) 晴れ
 大倉バス停8:40-見晴茶屋9:30-駒止茶屋10:15/10:30-登山道分岐の上11:10/11:20-花立山荘11:40/11:55-塔ノ岳12:35/12:50-花立山荘13:10/13:40-堀山の家14:10-見晴茶屋14:50-大倉高原山の家15:05-大倉バス停15:40

大倉9時集合の予定であったが、皆集まったので、8:40大倉バス停を出発する。
今日はどこから雪道になって、アイゼンをつける必要が出るのだろうか…

朝の大倉バス停

9:30 ワンピッチで見晴茶屋。
相模湾が綺麗に見える。
今日は江ノ島や三浦半島もくっきり見えている。
中谷さんは用事があると言うことで、ワンピッチだけ付き合ってくれて、ここで下山して行く。

見晴茶屋から相模湾を望む

10:15 次のワンピッチで駒止茶屋の上で休憩。
尾根に出てから一日中、ど~ん、ど~んと腹の底から響く音がする。自衛隊の演習場からの音らしいが、週末しか丹沢を歩かなかったのでちょっとびっくり、ここまで響いてくるとは思っても見なかった。
この辺りから富士山を望むことができ、大倉尾根は景色が無くて辛いだけのバカ尾根だと言う人がいるが、十分景色が楽しめる尾根道である。

駒止茶屋を進む 雪がちらほら 富士山が見えだす

11:40 花立山荘手間の急な階段を上り切ると、登山者がいっぱいいる。
ここからは雪も多くなっている。
富士山も綺麗、山々も綺麗、周囲の登山者はここでアイゼンをつけているが、金冷の下りがテカテカでなければアイゼンはいらないだろうと言うことで、アイゼンを履かずに山頂を目指すこととした。

花立山荘 花立山荘到着 花立山荘脇からの富士山

花立山荘を越えると更なる撮影ポイントが

この読みは的中し、下りはふかふか雪。全く問題が無い。
鍋割との分岐を過ぎ、あとはひたすら山頂を目指すだけである。

12:35 山頂に出た。
山頂には15~6人くらいいるだろうか?
混んでるわけではないが、一面の雪の為、どかっと座って休憩すると言う感じではない。
しばらくするとベンチが空き休憩出来る場所は確保できたが、寒いので少し下がって風が無いところで休憩しようと言うことになった。
ついでに和田さんの決断で鍋割を回らずにこのまま大倉尾根を下ることになった。

塔ノ岳山頂 山頂からの富士山は格別

12:50 そうと決まれば長居は無用。
山頂をあとに花立に向けて、どんどん下って行く。
雪があるので、下りは慎重に…
そうこうしていると13:10花立山荘に着いてしまう。

上りの時と違って人もまばら、ベンチも空いているので、コーヒーを沸かしてしばらく休憩する。
のんびりとした時間、今日は1日中天気に恵まれている。

13:40 ここから先は雪の心配よりも、どろどろぐしゃぐしゃの心配である。
午後に入って大分暖かかったので、案の定ぐしゃぐしゃ道を下ることになる。
ここで滑って泥だらけになっては、帰りのバスや電車で大ひんしゅくである。
慎重にそしてスピーディーに下って行く。

15:00 和田さんが高原の家に寄りたいと言うので、大倉高原に向かう。
高原の家からの景色も格別である。
高原の家からは、秦野の門をくぐり大倉まであと少しである。

秦野の門を越える

15:40 大倉バス停到着。
天気は良く、雪を踏むこともでき、良い1日であった。

大倉バス停到着

記録:澤田


 リコー山の会のホームページに戻る