RICOH

2014年10月04日:八丁池

参加者:澤田・近藤夫妻・金子・甲谷・石川・小川・國保


OB会でOBと一緒に山を歩こう。
天城山の八丁池に行くことになり、あれこれ考えた結果、路線バスを利用したミニハイクを行うこととなった。
10/4のOB会は天城高原。八丁池に行くには道の駅天城越えまで車で行って、昭和の森会館前から出るバスで行かなければならない。
10:41発のバス。我々ともう1パーティーを載せて、定刻より少し早めに発車した。

昭和の森会館 バスはこれだけ

10月04日(土) 曇り
 八丁池口11:10-展望台12:00-八丁池12:15/13:00-青スズ台13:20-八丁池口14:10

八丁池口バス停

八丁池口に着き、バスの時刻表を確認したところ、帰りに使う予定の14:10のバスが無く、一時間後の15:25に乗るしか無いことがわかった。
のんびりできる反面、夕方来る予定のOBの方々よりも遅くならないと天城高原に戻れないことがわかったが、ここからでは連絡がつかない。
八丁池口には、昔使われていた大きな駐車場があり、バス停横にはトイレも完備されている。

11:10八丁池に向けて林道を登りだす。
暫くは舗装された林道が続く。
15分くらい歩いたところで、標識に従ってコルリ歩道へと入る。
林道のショートカットだが、やっと山に来た雰囲気になってくる。
10分程度登るとまた林道と合流。
その先でオオルリ歩道と別れるが、八丁池に早く着きたいのでそのまま林道を進む。

林道を登りだす オオルリ歩道分岐

野鳥の森の案内板を過ぎると、立派なトイレ(水洗トイレ)が現れ、林道がそこで終わる。
トイレ前の分岐から展望台に上り、眼下に八丁池を望む。
紅葉時期は更に素晴らしい景色なのだろう...

展望台分岐 立派なトイレ

展望台から八丁池を望む 展望台への階段

12:15八丁池到着。
草むらに腰かけて昼食と考えていたが、草むらは鹿の糞だらけ。仕方が無いので休憩舎の石段に腰かけて昼食タイムに入る。
近藤さんより差し入れのコーヒーを沸かして全員で飲む。
湖面に行くと魚がいる。どうやって魚はここに来たのだろうか...
外来魚が入って来ないと良いのだが....

八丁池到着 八丁池

13:00下山開始。
バスは15:25なので、こんなに早く下り始めなくとも良いのだが、八丁池にいても何もやることがない。
途中青スズ台に寄って下山することになり、早めに下り始める。

青スズ台への分岐は、先ほど通った野鳥の森の案内板のすぐ先からである。
10分程度の登りで青スズ台に到着。眼下に伊豆の海と河津の街を望むことができる。

青スズ台へ① 青スズ台へ②

青スズ台の展望
ウグイス歩道最後の階段

青スズ台からの下り(オオルリ歩道)、踏み跡程度のルートになっている。あまり人が入っていないのだろうか?
静かなフカフカのルートであった。

帰りはウグイス歩道で八丁池口のバス停に出る為、林道をそのまま進む。
ウグイス歩道の分岐は、道標はあるもののこれルートかなぁと思うような踏み跡程度の入口である。
里山は難しい。

暫く進むともうバス停の真上のようで、そこからは一気に急な階段を下りて道路に出る。
14:10に着いたがバスはいない。
3時のおやつには早いが、コーヒーを沸かしてゆっくりと休憩する。

今回は事前調査に失敗してしまった為、のんびりし過ぎる山行になってしまった。

記録:澤田


 リコー山の会のホームページに戻る