RICOH

2014年03月09日:蓼科山


2月は二回の大雪の為、ついに山に行くことができずに終わってしまった。
日曜日に朝発で瑞牆山に行こうかと思って調べたが、山荘までの道が除雪が終わらず通行止と言うことがわかり、次の候補地である蓼科山に行くことにした。
女ノ神茶屋からのルートは、十数年前の冬に研修山行で登って以来である。

女ノ神茶屋前の駐車場

土曜日の夜出発するが、中央道の両側にはまだまだ雪が残っている。
大雪の後、暫く通行止が続けたのがうなずける。

諏訪南インターからピーナスラインに向かうが蓼科温泉辺りから、ますます道路脇の雪が増えてくる。
今夜の目的地、雪の中に埋もれる女ノ神茶屋を見つけて車を止める。
駐車場は?と右側を見ると雪の壁の向こうに車が見える。入って行くと先客が2台、駐車場は雪でかなり狭くなっている。
外は-10℃。シュラフに潜りこみ、すぐ眠りにつく。

03月09日(日) 晴れ
 駐車場7:30-2120m地点8:50-山頂10:20/10:55-2120m地点11:45-駐車場12:25

女ノ神茶屋前の道路

6:30起床
駐車場はいつの間にかいっぱいになっていた。
天気は良好だが些か眠い。
今日はのんびり出て行っても良いやと思っていた為か、出発が7時半になってしまった。

7:30駐車場出発。
登山口には行かず、駐車場から続く踏み後から入山した。
暫くは平坦な道が続く。

15分で急登が始まる下まで来て、アイゼンを履く。

平坦路を暫く進む アイゼンつけていざ出発

天気が良いので気持ちが良い。早速登りに取りかかる。
八ヶ岳が綺麗である。
12月に登った天狗岳はあれだなぁと話ながら登って行く。
ワンピッチで2120mの看板地点に着き一本たてる。

山頂への登り

今日は景色が最高。南アルプスの山々が見渡せる。
おまけに風がほとんどない。
昨日見た天気予報では、ここまでの天気は期待できなかった。

ここからは暫く軽い登りが続き、急登へと続いて行く。
雪が多いので、アイゼンを蹴り込むのが容易く、比較的登りやすい。
山頂直下のガレ場に出るが、雪で完全に隠れているので歩きやすい。
山頂はもうすぐそこである。

10:20山頂到着。
もう少しかかるかと思っていたが、雪が多くて歩きやすかったことや、登山者が少なくスムーズに歩けたこともあって、予定よりも早く着くことができた。
蓼科山頂はいつも風が強い印象しかなかったが、今日は穏やか。
コーヒーを沸かして、ゆっくりと休憩をとる。

静かな山頂 展望台も静か 神社も雪の中

山頂 山頂でコーヒータイム

10:55山頂出発。
後は下るだけ。
山頂からの山々の景色は飽きることがないが、下りないことには帰れない。

天気が良い為か、それとも午前中のせいか、まだまだ登ってくる人がいる。
尻制動で下りたかったが、これだけ登ってくる人がいるとそうは行かない。今日は我慢かなぁ.....

でもこの人達、どうやって登山口まで来たのだろう。
駐車場は満車だったはずだが.....

快適に下山 後わずか

12:25駐車場到着。
まだまだ駐車場は満車。
帰り支度を終えて、駐車場から道路に出ると、疑問は一気に解消した。
雪で狭くなった道の片側一車線、ビッチリ車が止められている。
最初の一台の人は、勇気があるなぁ.....

帰りに蓼科温泉の共同浴場に寄って、早めに帰路に着く。

駐車場到着

記録:澤田
写真:國保・澤田


 リコー山の会のホームページに戻る