RICOH

2013年12月14日:明神ヶ岳

参加者:L澤田・磯辺・甲谷・中谷・國保


12月に入った。
今年もどこかで忘年山行しようと言う話がでた。
昨年は暖かい千葉の山に行ったが、さてどこに行こうかと考えていたところ、毎朝通勤で抜かれるロマンスカーで快適に行きたいなぁと言うことで、箱根の明神ヶ岳へ行くことになった。

箱根湯本で電車を降りてまずびっくりしたのが、人の多さである。
バス待ちの列に並ぶが、ハイカーが多い。ほとんどの人は、金時山のようである。
満員のバスで25分、宮城野支所に着く。
バスを降りたのは我々だけであった。

12月14日(土) 晴れ
 宮城野支所9:45-鞍部11:00-明神ヶ岳11:50/12:00-鞍部12:40/14:15-明星ヶ岳14:45-宮城野橋15:50

9:45宮城野支所出発。
しばらくは住宅街の中を案内板に従って進む。
そうこうしている内に、明神ヶ岳近道の看板があり、そこからはクネクネした車道とは別の直登の登山道となっていた。
家の裏手を延々登って行き、どこまで家があるのだろうと思いながら30分登ると、別荘地最後の道路の終点に出た。
やっと車道の無い高さまで来たわけである。

宮城野支所から山に向かう 宮城野支所から山に向かう
鞍部への登り・おでんセットが重い 鞍部への登り・あとちょっと

11:00鞍部到着。
鞍部は風が無いが景色も無い。
最悪ここで鍋パーティーかなぁとあたりをつけて、明神ヶ岳山頂へと向かう。
途中富士山や、地獄谷が見え、景色は最高なのだが風が強く立ち止まっているだけで寒い。
足早に山頂へと向かって登って行く。

鞍部 明神へ向かう稜線から富士山を望む

11:50明神ヶ岳山頂到着。
富士山が綺麗である。
ここは景色が良いのだが、風の吹きっさらしなのでともかく寒い。
やはり山頂で鍋するのは無理と言うことで、記念写真をとって12:00鞍部に戻ることとした。

明神ヶ岳山頂

登る際には気がつかなかったが、湘南海岸や江ノ島も綺麗に見えている。
あとは、おでんをつつきながら、山の話をするだけである。

明神ヶ岳山頂付近から相模湾を望む

12:40鞍部到着。
早速コンロとコッヘルを出して、担ぎ上げたおでんを温めだす。
最近は山で忘年山行をしているのを見かけなくなったが、皆どこに行ってしまったのだろう。
國保さんの担ぎ上げたお酒で乾杯をし、ここからは暫し歓談の時間となった。

鞍部でおでん 熱燗もつける

14:15鞍部出発。
この時期の太陽はあっと言う間に沈んでしまう。
そろそろ下山し始めないとと言うことで、明星ヶ岳へと稜線を下りだす。
明星ヶ岳へは約1H。余裕である。

明星ヶ岳山頂 明星ヶ岳山頂分岐

14:45明星ヶ岳。
山頂は國保さんに任せて、分岐で待っていることにした。
ここからは大文字を見ながら宮城野橋へと下って行く。

15:00大文字上部。
箱根の大文字は横幅108M。上部に出ると大の時がはっきりとわかる。
でも、昼間に見ても何も感動できない。
遠くに見える富士山や、対岸に見える強羅の街の方がはるかに綺麗である。

大文字 大文字

15:30登山道終点。
ここからは車道を宮城野橋に向けて下るだけである。

登山道起点 宮城野橋バス停

15:50宮城野橋。
ちょうどバスが行ってしまった。
と言ってもここのバスは街中並みに10分に一本は来るので焦る必要は無い。
暫く待つとガラガラのバスが来て、帰りはゆっくりと箱根湯本の駅へと向かうことができた。

この後はロマンスカーで2次会。
これも電車山行の良いところである。

記録:澤田
写真:國保・澤田


 リコー山の会のホームページに戻る