RICOH

2013年12月07日:天狗岳

参加者:L澤田・國保


この冬も雪が多そうである。
まずは足慣らしも兼ねて、近場の八ヶ岳で今シーズン雪山1日目を迎えることとなった。
出発時の天気は上々であるが、昨年の赤岳と同じで土曜日は前線通過で一時的に天候が崩れる予報である。

1:30渋の湯の駐車場に着くが、1台も車が止まっていない。
満天の星空を眺めながら、仮眠の仕度をする。

12月07日(土) 曇りのち晴れ
 渋の湯7:25-黒百合ヒュッテ9:35/9:55-中山峠10:00-東天狗岳11:07-西天狗岳11:33
  西天狗岳11:50-第2展望台12:30-第1展望台12:55/13:10-唐沢鉱泉14:30/14:40-渋の湯15:35

渋の湯駐車場脇の立派なトイレ

6:30起床。
駐車場代を払いに旅館に行き、出発の準備を始める。
最近は麓の駐車場に水洗トイレがある等、有難い限りである。

7:25渋の湯出発。
堰堤手前のポストに、登山届を投函して登山道へと進む。
黒百合ヒュッテまで登ってしまえば後は楽勝。
雪が少なく少々歩き難い。

8:25最初の分岐に到着。
ここで一本立てる。

渋の湯の橋 黒百合ヒュッテへの登り

あと30分も歩けば黒百合ヒュッテかなぁと思いながら歩くが、なかなかヒュッテに到着しない。

9:35黒百合ヒュッテ到着。
1.5Hで登る予定であったが、休憩入れて2H。時間かかり過ぎかもしれない。

黒百合ヒュッテ到着 黒百合ヒュッテ玄関 立派なソーラーパネル完備

黒百合ヒュッテの前でアイゼンを履き、9:55中山峠へと登りだす。
と言っても5分の距離、中山峠に出ると東からの風が強く、ここからの稜線は慎重に進む。
もう少し雪があると歩きやすいのだが、12月の初めなので文句は言えない。

11:07東天狗岳到着。
風が強く寒さが一段と厳しく感じられる。
写真をとって風の当たらないところに避難しかないかなぁ...

東天狗への登り 東天狗への登り 東天狗岳山頂

西天狗がガスの中で全く見えない。
西天狗に行くか考えていると、西天狗側から登って来るパーティーを見つけることができ、我々も予定通り西天狗に向かうこととした。

11:33西天狗岳到着。
東天狗と違って、風が穏やかである。
我々以外誰も居ないので、ここで昼食タイムをとる。
と言っても、寒いのでコーヒータイムはお預け、景色を眺めながコーヒー沸かして飲もうと思っていたが、どうやら今回は無しのようである。

西天狗岳山頂
西天狗岳からの下り

11:55西天狗岳山頂を後に、西尾根を下りだす。
西尾根も雪が少なく、岩がかなり出ていて歩き難い。シーズン初めなので慎重に、慎重に、下って行く。

12:30第2展望台
ここまで下ってしまえば、危ないところは無い。
山の上は相変わらずガスの中、今日はこれ以上天気が良くならないのだろうか...

第2展望台

12:55第1展望台
諏訪湖が綺麗に見えている。
山頂付近もガスが晴れつつある。
天気の回復がもう半日早ければ山頂からの眺めも良かったもののと思うが、こればかりは仕方が無い。
諏訪湖が綺麗に見えただけでも有難いと思わなければいけない。
山頂でゆっくりできなかったので、第1展望台でしばし休憩をとりながら景色を楽しむ。

第1展望台 第1展望台

14:30唐沢鉱泉到着
今日の終点がここならどんなに良いことか。
ビール飲んで温泉入って、のんびりした時間が... それは妄想。
これからもうひと登りして渋の湯まで行かないと車まで辿り着けない。
ここでゆっくりし過ぎると、暗くなってしまう。

唐沢鉱泉(しゃくなげ橋)

15:35渋の湯駐車場に到着
車がまだ数台止まっている。この人達は上の小屋で泊まりだろうか?

明日は天気が良さそう。
夕焼けの八ヶ岳を見ながら岐路に着く。

渋の湯に向かう尾根分岐 渋の湯駐車場 八ヶ岳の夕焼け

記録:澤田
写真:國保・澤田


 リコー山の会のホームページに戻る