RICOH

2013年09月14~16日:薬師岳、黒部五郎岳

参加者:L澤田・國保


三連休どこか行かない?
この一言から、薬師峠に2泊して、薬師岳と黒部五郎岳に行くこととなった。
折立まで遠いなぁと色々調べていたら、岐阜側から山を越えて有峰林道に入れることがわかった。

出発の日を迎えると、小笠原の南に台風ができていた。しかしさほど大きくなかったので、そのまま出発することとした。

09月14日(土) 晴れ時々曇り
 折立7:05-アラレちゃん8:00-三角点上9:00-太郎平小屋11:30/11:45-薬師峠12:10

2時過ぎに有峰林道東谷線のゲートに着くと、既に数台の車が並んでいる。
我々もこの列に並びそのまま仮眠をとる。 空には星が出ている。
6時のゲートオープンを待って、折立へと向かう。6:40頃着くが、既に駐車場はいっぱい。
キャンプ場脇の路肩に車を停めることができた。

7:05折立出発。
トレランの人達が集まっている。
どの辺りで抜かれるのだろう…

折立出発 登山口

8:00アラレちゃんの絵があるポイントに到着。
ペースはさほど上がっていないが、着実に高度を稼いでいる。

9:00三角点を越えポールが立つ場所に出たところで一本たてる。
足元に有峰湖が見えてきれいである。
この縞々ポールはいったい何物なのだろうか?

縞々ポール

先の登山道が見えている。
あそこ登るの? まだ先が長そうだが、一歩一歩着実に進む。
そうこうしている内に、左手稜線上に薬師の小屋が見えてくる。
太郎平小屋はまだ見えてこない。
もう少し荷を減らしてくれば良かったなぁ。

午後は薬師岳に行くことになっているが、今週は仕事で二回も0時に帰っているので、寝不足で辛いなぁ、テントたてたら、午後はビール飲んで昼寝したいなぁ、 色々なことを考えながら、黙々と登り続けると木道の先に太郎平小屋が見えてくる。
あと少しである。

登りは続く① 登りは続く② 登りは続く③

11:30太郎平小屋到着。
テン場の料金を払う際に小屋で台風の状況を聞くが、それほど影響が無さそうな感じであった。
天気も良いので、今日は薬師峠のテン場までとし、午後はテントでビールを飲んでゆっくりすることにした。
小屋でビールを仕入れテン場へと向かう。

太郎平小屋 小屋前にて 薬師峠側から太郎平小屋を望む

12:10薬師峠。
既に数張りのテントが建っている。
明日風が強くなった場合を考え、茂みの影にテントを建てる。
水場も近い、しかも水洗できれいなトイレも完備されている。
今まで行った中で一番のテン場かもしれない。

夕方近く雷が鳴り出す。昨晩も雷がなっていたと、前のテントの人が教えてくれた。
明日は、3時には起きて往復10Hの黒部五郎岳に行く予定である。

薬師峠テント場 テント場にある水場 初日の夕焼け

09月15日(日) 曇り時々雨
 薬師峠5:10-北ノ俣岳7:15-黒部五郎岳山頂10:35-北ノ俣岳14:00-太郎平小屋15:10-薬師峠15:30

4時起床。
雨の音、寝坊してしまった。
朝食を済ませ、5:10薄暗い中を出発する。

小雨、小屋までの木道で薬師岳に向かうガイドツアーとすれ違う。
北ノ俣岳、黒部五郎岳へと続く稜線が見える。
それほど遠いようには感じられないが、それでも片道5H。
これが北アルプスの規模なのだろう。

小屋ではまだ朝食の時間のようで、食堂には人影が多い。
足早に小屋の脇を通り、太郎山へと続く木道を登る。
登ると言っても小高い山である。

太郎山を越えると、そこからは北ノ俣岳へと延々登って行く。
登りきってわかったことであるが、北ノ俣岳と思っていたところは手前のピークで、そこを登りきるとその先に大きな北ノ股岳が見える。

振り返ると、薬師峠のテン場が見える。
我が家は茂みの影なので見えないが、色とりどりのテントがきれいである。
まだまだ先は長い。
北ノ俣岳手前には、まだ雪渓が残っていた。
もう1ヶ月もすれば雪が降る時期に突入する。
この雪はこのまま溶けずに残るのだろうか.....

振り返ると薬師岳が見える 北ノ俣岳手前の雪渓

7:15北ノ俣岳到着。
足元に有峰湖が見える。
薬師岳もきれい、黒部五郎岳もきれい、このまま天気がもってくれると良いのだが、そんなに都合良いだろうか。

北ノ俣岳 北ノ俣からの下り

北ノ俣岳から赤木岳へと向かう途中から、昨日抜かされたトレランの人とすれ違う。
昨日は黒部五郎の小屋? それとも双六小屋? いったいどこに泊まったのだろうか....

中俣乗越へと下りだすころから、雨が降り出す。
黒部五郎岳はガスの中、今日は山頂からの視界は期待できないかもしれない。

中俣乗越で一本たてた後、黒部五郎岳へ登り出すが結構厳しい。
ガス、雨、風、今日は何でもありである。しかも岩場が続き、足元が悪い場所もある。
眺望が望めないと思うと、足取りも重い。

10:10黒部五郎岳の肩に到着。
天気が悪いので、ザックをデポせずにこのまま背負って山頂へと向かう。

10:35黒部五郎岳山頂到着。
山頂はやはりガスの中、と言うよりも雨でグシャグシャ状態。
写真だけとって、さっさと肩まで下る。

黒部五郎岳の肩から山頂へ 黒部五郎岳

肩で一本立てて11:05に中俣乗越へと下りだすが、とたんに雨が強くなる。
左からの横殴りの雨、前を向いて歩けないほどであるが、ここさえ下ってしまえば後は何とかなる。
この強風は、やはり台風なのだろうか?

12:00中俣乗越に着く頃には、なんと小雨になりそのまま雨が上がってしまう。
振り返ると山頂はガスの中、まあ山頂が踏めただけでも良しとしなければいけない。
帰り道も遠い、行きも5Hなら帰りも5H、今日は長い道のりである。

北ノ俣岳まで戻ると、あとは下りだけ。
小屋に着いたら台風状況を聞いて、ビールを仕入れて我が家のある薬師峠のテン場に戻らなければ。。

太郎平小屋が見える

15:10太郎平小屋に到着する。
これから折立に下るパーティーがいる。
これから下ったら下山は暗くなってしまうが、道はしっかりしているので台風が来ることを考えるとそれも一案なのだろう。

15:40薬師峠のテン場到着。
今日は肌寒いが、雨も上がっているので表でビールを飲み、今日の疲れを癒す。
今日は3張しかテントが無く、寂しい状況である。
小屋番に聞いたら、今夜は風が強くなるとのこと。
明日の朝、薬師岳に登ったらさっさと下山しよう。そう思いながら、夕食を終え19:00かなり早いが就寝となる。

ラジオで天気予報を聞こうとしたが、時間が悪くなかなか適当な番組が見つからない。
台風は四国沖にいるようであるが、テレビと違ってどう進んでいるのか今ひとつ理解できない。
テレビやインターネットに慣れすぎて、天気図が頭に浮かばなくなってしまっていることを反省する。
明日は雨のようである。


09月16日(月) 大雨
 薬師峠5:50-太郎平小屋6:10-三角点8:00-折立9:10

2:00雨風が強くて目が覚める。
これは台風なのだろう。今回は薬師岳はあきらめないとダメだろうか。。。

4:00起床。
ラジオをつけると大阪の放送が入る。
京都や滋賀に避難勧告が出ている。台風は紀伊半島沿岸のようだ。
昨晩は四国沖だったので、このまま本州縦断となるのだろう。
まだまだ雨風が強くなる恐れがいあるので、薬師岳は諦めて明るくなるのを待って下山することとにした。

朝食を作るが、雨は続いている。

5:30下山の仕度を始め、グチャグチャになったテントをたたむ。

登山道は沢状態

5:50太郎平小屋に向けて出発。
小屋を覗くと皆テレビで台風状況を見ている。
雨はそれほど強くないので、先を急ぐ。
30分も下らない内に、雨が強くなりだす。

昨日と違うのは、風が強くないことであるが、登山道は雨で水が流れて歩くところを選ばないといけない状況である。
ザックが雨を吸ってどんどん重くなって行く。

7:40昨日休憩したポールまで下ってくる。
もう少し下ると三角点、樹林帯に入るので風が強くなっても何とかなるエリアまで下ってきたことになる。

8:00三角点。
ここで一本立てるが登山道はさながら沢のような状態で、そろそろ足を置く場所すら選ぶのも大変な状態になってしまっている。

9:10折立到着。
折立ヒュッテ手前は池状態になっていて、最後の最後でザブザブ入って歩くことになってしまった。
折立ヒュッテの前のトイレの軒を借りて、ザックからウエストバックを出し、車のキーがすぐ出せるようにする。
いつもなら車に着いてからすることであるが、今日はそんな状態ではない。

折立に路線バスが止まっている。
本来なら通行止でバスも入ってこれないのだろうが、登山客を街に下ろす為にはバスは必要である。
ありがたいことだ。

車に着くが、土砂降りの中ザックを車に放り込み、チャチャっと着替えて運転のできるかっこになった。
ずぶ濡れだが車まで帰ってくれば、少しは安全圏内と言えるだろう。
それにしても、駐車場にはまだ何台もの車が止まっている。
これだけの人が山の中にいると言うことか?

帰りは山越えを諦め、立山ICへと向かう。

薬師岳に登れなかったので、リベンジに来ないといけないが、来年かなぁ....

車のラジオで、台風状況と道路状況を聞くが、北陸道は一部通行止。
東京に着くのは、何時になるのだろうか.....

折立の駐車場には車がまばら

記録:澤田
写真:國保・澤田


リコー山の会のホームページに戻る