RICOH

2013年04月20日:阿弥陀岳・北稜

参加者:L澤田・和田・中谷・國保


2月に阿弥陀岳・北稜を目指したが、モチ切れで敗退してしまった。
今シーズン中にリベンジを果たそうと言うことで、少し遅くなってしまったがこの週末北稜に行くことになった。
天気予報は夕方から雨(山は雪)なので、早めに出発、早めに下山ができるようにと心がけた。

04月20日(土) 曇り
 美濃戸6:00ー行者小屋8:20/08:40ージャンクションピーク9:50ー岩峰取付10:30ー山頂12:00/12:20ー中岳のコル13:05/13:15ー行者小屋13:50/14:00ー美濃戸15:30

南沢はスケートリンク?

5:00起床。目覚ましがなるもののなかなか起きれない。
車の外は思ったより暖かで、着るものの軽量化も考えて出発準備を進める。

6:00美濃戸出発。事前に調べた記事では南沢の登山道はルート上が凍っている個所があり、アイゼンを履いたと書いてあった。
ガチガチに凍っていないことを祈りながら、行者小屋へと向かう。

約1H登った辺りから、ルート上がテカテカに凍っていて、慎重に登るのも限度と考えアイゼンを履く。
12月に南沢を歩いた際よりかなり低い位置からのアイゼン歩行となり、行者小屋までの行動時間が心配になる。
行者小屋まででのんびりすると言っていた和田さんとは、この辺りで別れる

8:20行者小屋到着。
登攀準備をし中岳沢へと向かう。
2月と違い圧雪状態、どんどん高度が稼げる。

中岳沢の奥までつめ、北稜の稜線へと転進し、ジャンクションピークを目指す。
週の前半暖かい日が続き、そこに来て昨日からの冷え込み。稜線へと向かう急登がカチカチで冬のシーズンと違ってアイゼンの蹴り込みに気をつけながら、高みを目指す。
上部にクラックが走っていたので、GW前に暖かい雨でも降ったら一気に雪崩れてしまわないかと思いながら更に上に進む。

JP目指して

9:50ジャンクションピーク到着。
北岳も良く見え、このまま天気がもってくれることを望みながら取り付き点へと登って行く。

10:30登攀開始。
何年か前に来た時は、第1岩稜の取り付き点のピンが古く、この支点で大丈夫かなぁと思ったが、今回は新しいボルトが打たれていて、しっかり整備されていた。

第1岩稜を一段登った箇所にもしっかりしたボルトが打たれていた為、50M一気にザイルを伸ばさずに一旦ピッチを切り、2名に登ってもらうことにする。
今日の北稜は貸切状態。多少ペースが遅くとも他のパーティーに迷惑をかけるわけではない。安全に安全に...

ここでピッチを切ったので、次のしっかりした支点のある第2岩稜取り付きまで25M程度となり、今一度ピッチを切る。
ここにも新しい支点が整備されていた。ありがたいことである。

第2岩稜を登りきれば、後は雪稜を歩いて山頂に辿り着く。
あと1ピッチである。

第1岩峰取付手前 第1岩峰取付 ビレイする中谷さん 第2岩峰を登る中谷さん

12:00阿弥陀岳山頂到着。
ここでザイルを片付けて、小腹を満たし12:20下山を開始する。

阿弥陀岳山頂

今日は貸切、一般路を登ってくる登山者も無く、昼だと言うのにルートは未だカチカチ。滑落しないように一歩一歩慎重に下りていく。
中岳のコルに着いた頃には、八ヶ岳の山並みには黒い雲が被り始め、急いで下山しないと雨に捕まってしまう予感が漂ってきた。
行者小屋手前で和田さんの出迎えを受け、登攀具を片付けて南沢を一気に下る。

15:30美濃戸。
南沢を半分くらい下ったところで、霙のような雪になったものの、最悪のシナリオである雨には降られずにすんだ。
2月に断念した北稜にも登ることが出来、次はどこを目指そうかと思いながら帰路に着く。

記録:澤田
写真:國保


リコー山の会のホームページに戻る