RICOH

2013年02月23日:阿弥陀岳

参加者:L澤田・中谷・國保


02月23日(土) 晴れ
 美濃戸6:40ー行者小屋9:35/10:15ー中岳のコル12:50/13:15ー行者小屋14:00/14:30ー美濃戸15:30

今日は阿弥陀岳北稜に登る予定で、昨晩美濃戸まで車で入った。
今年の八ヶ岳は雪が多く、林道も雪がたっぷりある。

6:40美濃戸出発
今回はともかく軽くして日帰りで下りてこようと言うことになっていたが、足取りは軽くなく行者小屋まで3時間弱もかかってしまった。
天気は快晴、行者小屋前には結構人がいる。

装備をつけ10:15に中岳沢に向けて登りだす。
1月の大雪の後と違ってはっきりとした踏み後もあり、ゆっくりしたペースだがしっかりと前へ進んで行く。
途中、夏道の分岐に踏み後があり、今回はここから入って見る事にしたが、これが失敗でズボズボもぐってしまう。
30分ほど進んだところで断念して、中岳沢へ引き返すこととした。

時間は既に11時を過ぎている。急いで中岳沢を登って北稜の取り付きに行かない事には時間切れになってしまう。
そう思うのだが一旦モチ切れになるとなかなか気合が戻って来ない。
阿弥陀岳を見上げると、北稜が渋滞気味。しかも山頂には雪煙が上がって風が強そうである。

「今日は中岳のコルまでにしよう!」中谷さんから、そう提案があがる。
完全に私が足を引張ってしまっている状態である。
今日の中岳沢は雪が安定しているので、このままコルに上がって景色を楽しんで下山することとなった。

12:50中岳のコル到着。
正面に南アルプス、更に富士山が良く見える。
ピークを踏む予定が無くなったので、コーヒーを沸かしてゆっくり昼食を取る。

13:15下山開始。
今日の中岳沢は安定していそうとは言え、本来は雪崩が多い場所である。
安全地帯までは一気に下って行ったおかげで、あっという間に行者小屋に着いてしまう。

朝、國保さんから、ビーコンの練習をしたいと言われていたので、小屋の一段下でビーコンの練習をすることとなった。
ビーコンを雪に埋めて探すのだが、山の会のF1フォーカスと私のPIEPSでは探索性能が大きく違うのだなぁとまじまじと感じてしまう。
命を守る装備なので、やはり新しいものはどんどん取り入れて行きたいものである。

15:30美濃戸に下山。
北稜には登れなかったが、雪山の一日を楽しめて有意義であった。

中岳沢を登る 中岳のコル

記録:澤田
写真:國保・澤田


リコー山の会のホームページに戻る