2011年05月22日:越前岳



参加者:澤田・山中・福地・三木(ゲスト)



5月22日(日) 雨

行程:山神社駐車場(9:40) -> 割石峠(11:20) -> 越前岳(12:30/12:50) -> 山神社駐車場(14:20)

山神社駐車場 久しぶりに山に行こうと思い、会の山行で越前岳に行くことになった。

今日の天気予報は午後から雨。できれば雨になる前に山を降りれたらと思い家を出る。
御殿場インターを下りると霧の中で信号さえ見えない中、登山口へと向かう。

山神社登山口には仮設トイレがある駐車場があり、こんな天候にも関わらず、数台の車が止まっていた。

山に入る支度をし、9:40出発。一路割石峠へと向かう。

割石峠へ向かうルートは、朽ち果てた林道のような道が続き、枯れ沢を渡りだす。
次第に沢登りでガレ場を稜線へと向かうのと同じようなルートとなり、何とも味わい深い。
そんなことを考えながら登りきったところが割石峠である。
西側から峠に向かって強い風が吹き上げてくるが西側はガスの中で全く景色がない。
今日は駿河湾と富士山を望む山行だったはずなのだが…
一本立てた後、稜線を越前岳へと向かう。

稜線歩きは楽しい、でも今日はガスから雨に変わってきて、視界も悪く、足元も滑るで、楽しい山歩きとはならなかった。

12:30 越前岳山頂到着。
我々のパーティーしかいない。今日は天気が悪いせいか、まだ登山者には1人しか会っていない。
越前岳山頂 山頂は思いのほか広く、ベンチが一つ設置されていた。
晴れていたら富士山が綺麗なのだろうと思いながら、昼食をとり12:50下山開始。

下山は富士見台へと向かう稜線ルートである。

雨で滑る赤土、ガスで景色も無く、ただただ下り続ける。逆ルートだったらこの尾根を延々登らなければいけなかったと思うと、今日のルート設定は良かったのだろう。
下山するまでに、本降りにならなければよいのだが....

富士見峠到着。ここからは稜線を離れ 小屋に向かって下りだす。5分もしない内に愛鷹山荘に到着。避難小屋なので、もっとぼろい小屋を想像していたが、かなりしっかりしている。登山道脇に水場があり、蓋を開けて見ると、下の方に水が貯まっていてひしゃくが置かれていた。

ここから一気に下り、登山口近くの山神社でお参りし、駐車場へと戻る。
雨はいつの間にか本降りになっていた。
天気が良ければ富士山や駿河湾を望むことができたはずなのに...

秋にもう一度こようと思いながら帰路へつく。

記録:澤田



リコー山の会のホームページに戻る