2010年9月18日〜20日:北アルプス 白馬岳、雪倉岳、朝日岳



参加者:中川・今野




9月18日 晴れ→曇り

行程:栂池ヒュッテ12:30→白馬乗鞍岳14:20→白馬大池15:30

ロープウェイの駅までは晴れていたが、上を見ると登山道の上部は雲がかかっている。
天狗原は少しだけ紅葉している(というか冬枯れはじめている)湿原で、ついたときは眺望があったが、雲がどんどん降りてきて、あっという間に下界が見えなくなってしまった。
登山道から少し離れた祠?まで行ってもどってくる。
天狗原から白馬乗鞍岳までは大きな石の急坂でしんどい。途中雪渓が残っている場所で先頭の中川がまた登山道をはずれてしまった。頼りないリーダーである。
頂上はだだっぴろい平らな場所で、巨大なケルンの前で一休み。
ここから白馬大池まではすぐなのでゆっくり池を眺めつつ白馬大池山荘に到着。
着いた時間も遅かったのですでに満員だったが、湖畔の美しいテント場で、外で食事をつくってゆっくりすることができた。
夜になると雲がとれて満月に近い明るい月が、湖面に輝いてきれいだった。


9月19日 晴れ→曇り

行程:白馬大池5:30→白馬岳9:00→三国境9:30→雪倉岳12:00→朝日小屋16:15

天気が心配だったが朝から晴れてのんびりと出発する。船越ノ頭までは広い登山道で気持ちがよい。稜線に出ると白馬鑓なども見えてきて、とても景色がよい。
小蓮華山あたりまでは白馬岳に登らない予定だったのだが、天気がよいので、三国境で荷物を置いて空身で行けば1時間くらいで往復できるだろうということで急遽、白馬岳も登ってしまった。
眺望もばっちしで行ってよかった。写真を撮って日本海まで見える景色を楽しんだあと、また三国境に戻り、雪倉岳を目指す。
風が強いので雪倉岳避難小屋の中で小休憩。雪倉岳から振り返る白馬岳はほんとにかっこいい。
雪倉岳から赤男山をまいて朝日岳に登る登山道との分岐までが長かった。すでにかなり疲れていたので、ここから先の小さなアップダウンがかなりこたえて、最後は息を切らして朝日平小屋に到着。


9月20日 雨→曇り→晴れ

行程:朝日小屋4:45→朝日岳5:30→蓮華温泉12:00

朝から雨で出るのが億劫だったが夜明け前にテントを撤収して、朝日岳に登る。視界はゼロで早々に下山開始。
白高地沢と姫負峠の沢には大きな橋がかかっていて渡るのに問題はなかったです。
木道が傾いていてとても滑りやすいのと、アップダウンのあるロングコースで、コースタイムより時間がかかってしまった。
早めに出発していてよかった。
蓮華温泉のお風呂にゆっくりつかって帰京した。



    
栂池から天狗原へ向かう途中の道にいた蜂
栂池から天狗原へ向かう途中の道にいた蜂  
  
   天狗原の湿地
天狗原の湿地    
  
    
白馬大池。黄葉になり始めの草の色がきれいでした
白馬大池。黄葉になり始めの草の色がきれいでした  
  
   19日の朝焼けの空
19日の朝焼けの空    
  
    
右が白馬岳 左は杓子岳と白馬槍岳
右が白馬岳 左は杓子岳と白馬鑓ヶ岳  
  
   白馬岳頂上
白馬岳頂上    
  
    
雪倉岳 おおらかな雰囲気
雪倉岳 おおらかな雰囲気  
  
   やっと朝日平小屋が見えたところ 稜線にちょこんと見える三角屋根です
やっと朝日平小屋が見えたところ 稜線にちょこんと見える三角屋根です    
  

記録:中川、写真:今野



リコー山の会のホームページに戻る