2008年 6月28日:櫛形山



参加者:今野、秋山(ゲスト)、和田(OB)、小川(親子)、磯辺、甲谷、中谷、國保、滝、櫻井、山中、西名(L)



櫛形山への登りやすい道
櫛形山への登り

6月28日(土)

コース: 池ノ茶屋林道終点(10:00)⇒櫛形山(10:40)⇒アヤメ平(12:00)⇒池ノ茶屋林道終点(14:00) 合計歩行時間 3:00


今年は連年より早く梅雨入りした事も影響しているのか、はっきりしない天気が続いている。
総会で決めた櫛形山山行は梅雨の中休みを期待して6/28とした。
久しぶりにゲストを迎えての山行であり、子供の参加もある事から歩行時間が一番短い池の茶屋コースを選んだ。

昨年のアヤメ平は鹿の食害等の影響もありアヤメが無い悲惨な状況だったらしいが、今年は保護活動も進み若葉が芽吹いているとの情報も有る。
見事には早い時期だろうが、少しは見られるだろうと期待した・・・結果はいかに?

早朝7:00 淵野辺駅に集合 全員が揃い3台の車に分乗し目的地へ急ぐ。
予定より少し遅れたが、10時前に池の茶屋駐車場に到着、現地合流の國保さんも時間通りに到着していた。

出発時点での天気は曇り、雨の心配は無さそうである。全員身支度を整え出発する。
櫛形山への登りは落ち葉が堆積し、ふわふわした感触で心地よく歩きやすい。


アヤメのつぼみ
アヤメのつぼみ

40分そこそこで櫛形山山頂へと到着、休憩をはさみ裸山を経て、アヤメ平に12時到着。
期待したアヤメは一本のつぼみも開花も無く、大きく期待を裏切られる結果となった。

昼食を済ませ次の目的(温泉)へ頭を切り替えた。

駐車場へ着くと他のグループの方から、アヤメのつぼみがある事を教えて頂いた。
近くにはおだまきも咲いており、とりあえず櫛形山でアヤメを見る目的は達成された。

帰りは、まほらの湯(\500)に入り、全員怪我も無く無事、淵野辺駅で解散する事が出来た。
久しぶりの大人数で楽しい山行でした。



記録:西名、写真:小川、櫻井



リコー山の会のホームページに戻る