2007年5月27日:安達太良山



参加者:中谷・山中・岸本・澤田




今年は最低でも月1山行をするぞ! と決意していたが、2月に街で右腕を骨折してしまい、この冬は山行できずに終わった。
当初26日(土)での山行が計画されていて、子供の運動会とぶつかっていた為、不参加の予定であったが、最終的に27日(日)に変更となった為、急遽参加することとなった。

27日の福島の天気予報は午後から雨、奥岳登山口に着いて天幕をたてて仮眠するが、天幕が飛ばされそうな強い風が吹いている。

5月27日(日)

天候:晴
タイム:登山口6:37 → くろがね小屋8:00 → 稜線9:00 → 鉄山9:35/45 → 安達太良山10:30 → 雪原11:00/30 → 登山口13:10

くろがね小屋前で休憩 昨夜の風は一応収まっている。天気もそこそこなので雨が降らないうちに下山しようと言うことで、すぐ出発となる。

奥岳登山口から勢至平までは、林道とそれに交差する旧道(登山道)を登る快適なルートである。
勢至平に出ると、辺りは気持ちの良い風景となるが、山にガスがかかっているのが残念である。

くろがね小屋到着
温泉を引いている管の近所で一本立てる。
稜線は風が強そうなので、ここでカッパを着込む。

稜線にが近づくにつれ、もの凄い風が前方から吹いてくる。やっとのことで稜線に立つが、吹き飛ばされそうな風が沼ノ平から吹き上げてくる。

予定通り鉄山へ向かうが、前進するのも辛い横風が吹く中、一歩一歩鉄山へ向けて歩を進める。
稜線は風が強い 鉄山到着。鉄山山頂も風が強いが、先ほどの稜線程ではなかった。

早々に鉄山から安達太良山へと向かう。
やはり横風が強く、慎重に歩を進める。
10:30山頂到着。ロープウェーからの登山客が結構登ってきている。山頂で写真をとり、一気に下山となった。
途中雪原を見つけ、中谷さんが背負って来たショートスキーを借りて、1本滑らせてもらう。
初すべり、だが、今シーズン最後の滑りかなぁ...

予定ではロープウェーで下ることになっていたが、天気も良くなってきたので、歩いて下山することになった。
ゲレンデの下りは結構辛く、今日一番辛かったのは、この下りかもしれない。


安達太良山頂にて スキー

記録:澤田



リコー山の会のホームページに戻る