2006年5月6日:頚城・雨飾山



参加者:小川・中谷・岸本・中川(ゲスト)




P2への登り 後ろに北アルプス
P2への登り 後ろに北アルプス

ゴールデンウイークの一日、雨飾山の南尾根に行って来ました。
まずまずの天気で、森林限界を超えると北アルプスの山々の風景が広がりました。


5月6日(土)

天候:晴のち曇
タイム:雨飾高原キャンプ場 駐車場6:45 → P4-P3間のコル8:20 → P2 10:30,11:10 → 雨飾山13:30,13:45 → P2 15:10,15:40 → 駐車場16:30


前日の夜、小谷村の”道の駅 小谷”で野口五郎岳の山スキーから下山してきた中谷さんと落ち合い、そのまま仮眠。
朝から小谷温泉への道を上がって行き、雨飾高原キャンプ場の駐車場まで車が入れました。
除雪した道の両側は雪壁になっていて、2メートル以上ありました。今年は雪が多いのでしょう。

登りのスタイルは、スキーにシールをつけた中谷さんと中川さん、スキーをザックにつけてツボ足の岸本さん、スキーを持たない小川と三様。
南尾根P4に向けて尾根に取り付き、上部でやや右にトラバースしてP3との鞍部に出て一休み。
P3とP2の中間ぐらいで森林限界を超え、見晴らしがよくなりました。雪倉岳の大斜面を正面に北アルプスの北部の山々が見えました。

P2に着いて、スキーをデポ。ここで岩登りの装備に変えました。中川さんはここで待機。
P2から先は、稜線の雪が解けて潅木が顔を出しとても歩きにくい状態でした。
岩場2ピッチはロープをつけて登り、その先はまた潅木が顔を出した稜線をひと登りで山頂に着きました。
山頂はぐるりと見晴らしがよく北側には日本海も見えていました。
岩場を懸垂下降でおりてP2まで戻り、中川さんと合流。

スキーを持上がった3人は、これから期待の滑降。小川はツボ足で下ります。
ぐんぐん下ってあっという間に駐車場に戻り、楽しい山行も終わりました。

今回の温泉は、小谷温泉の山田旅館。落ち着きのある建物で、ゆったりとした時間が流れている感じのする温泉でした。


林の中の登り
林の中の登り
P2直下 奥が山頂
P2直下 奥が山頂

雨飾山山頂
雨飾山山頂
P2にて全員で
P2にて全員で

記録:小川



リコー山の会のホームページに戻る