2005年4月16日〜17日:不帰岳・2峰正面壁



参加者:中谷・和田・甲谷・小川



2峰正面壁 点線が今回登ったルート
2峰正面壁 点線が今回登ったルート

北アルプスの不帰岳 2峰正面壁を登りました。
阪大ルートを登る予定でしたが、途中で雪が切れているようなので、一つ下のルンゼから取付き、北峰と南峰の真中に抜けました。
雪壁登りを楽しむことが出来ました。


4月16日(土)

天候:晴
タイム:八方池山荘9:10 → 下の樺BC10:40
    下の樺BC11:40 → 丸山の上13:35 → 下の樺BC14:10

前夜、麓の駐車場で仮眠し、のんびりと出かける。
八方池山荘までゴンドラとリフトで上がり、歩きはじめる。
中谷さんと和田さんは、スキーの板を持ってきている。他にも、スキーやスノーボードを持った人が多い。
結構雪があり、八方池のあたりで少し夏道が出ている程度だった。
重い荷物は下に置いて行こうと言うことになり、早々に下の樺でベース設営となった。

設営後、丸山の上まで明日の下見に行く。
ここまで来ると、すごい迫力で不帰岳が見えワクワクして来る。明日のルートを観察して、ベースに戻った。


4月17日(日)

中間あたりの登り
中間あたりの登り
天候:晴のち曇
タイム:下の樺BC4:15 → 唐松岳7:05 → a沢下降点7:55,8:10 → 取付き9:15 → 稜線12:05,12:25 → 唐松岳13:40 → 下の樺BC15:15
    下の樺BC15:30 → 八方池山荘16:05

今朝は晴れているようだ。中谷、甲谷、小川の3人でヘッドランプをつけて出発する。
和田さんは、BCの周りをスキーで滑る予定。

a沢を下降ルートに選んだので、唐松岳を越えていく。唐松岳からは夏道が出ていて、3峰はほぼ夏道沿いに巻いて進んだ。稜線は風がとても強かった。
a沢を下降するが、途中まで後ろ向きに下る。a沢に入ると風も弱くなり、日が差して暑くなる。
阪大ルートの取付きのルンゼを眺めるが、上部で雪が切れていてちょっと嫌らしそう。
一つ下のルンゼから上部を目指すことにする。
雪の繋がりを見て、正面壁の中央へ右上方向に登っていく。
中央部の岩が出ている所を右から巻いて上がったが、少しだけ雪が切れて草付きになっているところが嫌らしく、ロープを出す。
その上の雪壁をグングン登り、雪庇の左側で稜線に出て終了。

稜線に出ると、雲が広がっていた。2峰南峰を越え、来たルートをBCまで戻る。
だいぶ遅くなってしまい、リフトの最終に間に合わなくなるのではと大慌てで荷物を片付ける。
スキーで下山する中谷さんと和田さんに後を任せて、甲谷さんと小川は自分のザックのパッキングをして下山開始。
思ったより早く降りることが出来て、無事リフトとゴンドラに乗って下山できた。


稜線に抜けて
稜線に抜けて
唐松岳山頂
唐松岳山頂
下山中に見かけた雷鳥のつがい
下山中に見かけた雷鳥のつがい

記録:小川



リコー山の会のホームページに戻る