2004年4月10日〜11日:五竜岳・G0稜



参加者:甲谷・中谷・國保・小川



G0稜 点線が今回登ったルート
G0稜 点線が今回登ったルート

北アルプスの五竜岳 G0稜を登りました。
天気に恵まれ、雪もしっかり有り、雪稜登りを楽しむことが出来ました。


4月10日(土)

天候:晴れ
タイム:白馬五竜スキー場 上部9:45 → 西遠見山手前BC14:20

日ごろの行いが良いせいか、この週末は好天の予報で、スキー場の駐車場で朝起きると雲ひとつ無い青空が広がっていた。
この好天で帰ってからひどい日焼けに苦しむことになるが、このときは甘く見ていた。
テレキャビンを降りると主稜線がはっきり見えていて、五竜岳の武田菱のとなりにキリのようにとがったG0稜がはっきりと見える。登高意欲が盛り上がり、わくわくしてくる。
ペアリフトに乗り、地蔵の頭直下から歩き始める。風もほとんど無くとても暖かい。
遠見尾根のアップダウンを繰り返し、大遠見山を過ぎて西遠見山の手前の広い所にテントを張った。


4月11日(日)

G0稜上部
G0稜上部
天候:曇り時々晴れ
タイム:西遠見山手前BC6:00 → G0稜取付6:40 → G0の頭10:05,10:20 → 五竜岳頂上11:20,11:40 → 西遠見山手前BC13:50,14:20 → 白馬五竜スキー場 上部16:25 → スキー場駐車場17:55


今朝は薄い雲が高く広がっている。一日、青空が広がったりうす雲が出たりだった。
テントを出発し、西遠見山を越えたコルから白岳沢上部を下り、G0稜末端のほぼ中央の雪壁から取付く。雪は適当に締まっていて登り易い。
雪壁の少し狭くなったところを通って左の稜に出たが、まだ稜線は明確ではない。
ダケカンバやハイマツが少し出ている雪壁を登り、全体の2/3あたりで明確な稜線にでた。
やや急なスノーリッジになっていて、まずまずの高度感だ。
稜線の南側にはハイマツが少し出ていて、マツの匂いがする。青空が広がって気持ちのよい登高になる。
稜線の先には小さな雪庇が付いていて、これを越えてG0の頭に出た。

このあと、荷物をA沢のコルにデポして五竜岳に登る。GIIの頭を巻いた先がかなり急な雪壁になっていた。
うす曇だが、山頂からの視界は広く良く見えている。春の北アルプスはいつ来ても楽しくなる。
スキーを担ぎ上げた中谷さんは、山小屋近くの主稜線から滑走。他の3人は歩いて白岳経由でテントに戻った。
ここまでのんびりしすぎて時間が無くなり、慌ててテントを片付け下山するが、最終のテレキャビンに間に合わず、スキー場を歩いて下った。


五竜岳
五竜岳
G0の頭
G0の頭
五竜岳山頂
五竜岳山頂

写真:國保、小川  記録:小川



リコー山の会のホームページに戻る