2003年5月3〜4日: 白神岳



参加者:CL和田・桜井・甲谷・中谷・澤田



山の会総会の流れで、「連休は白神へ行かないか?」という話を私が口にした。
その結果、今年の春合宿は白神岳へ行くこととなった。


5月3日(土)・晴れ

約700キロの道のりを走り能代へ。
スーパーで食料の調達を行い、更に日本海沿岸を北上。
12時を過ぎやっと白神岳登山口到着。

13時出発。期待の残雪は、スキーの活用は、いくら登っても雪は現われない。
下山の方々は不思議そうな目で見ている。
高度を上げて行くと、頂上稜線の沢筋に残雪がある。
世界遺産のブナ、これに触れることも目的の一つであったが「立派ではあるがものすごい感動を憶える」には至らない。もっともっと奥まで行かなければ、感動は沸かないのであろう。
標高800mの蟶山(まてやま)を過ぎたところで幕営。僅かに残った雪でスキーを楽しむ。
夜、満天の星、天幕から仰向けに顔を出し空を見上げると、ブナの枝に星が瞬き自然のクリスマスツリーの様だ。



5月4日(日)・晴れのち曇り

5:30出発。稜線をのんびり辿ると有名な避難小屋が見えてきた。
期待の残雪は、東斜面と頂上稜線にタップリ残ってスキーの期待が膨らむ。
頂上稜線からは津軽の名峰「岩木山」が誇らしく立っている。
山座同定が出来ないのは残念だが、白神山地の広大な山並みが広がり、これぞ世界遺産のブナ林なのであろう。「マタギが活躍しそうな山」を想像する。



5人頂上で心行くまで山にとけこむ時間だ。
写真を撮ったり、稜線の残雪でスキーを楽しんだり、このまま雪渓をどこまでも滑って行きたい衝動に駆られる。

各自思い思いのスタイルでベースまで下る。
中谷・和田はここまで担ぎ上げたスキーを付け東斜面を滑る。北アルプスの大斜面とは行かないが、ブナ林を縫いながらベースへ戻る。

13時。天幕を撤収し、麓の温泉で汗を流し2日間の小さな春の合宿を終える。(記:和田)


〜合宿感想〜
東京から延々12時間以上、青森は遠かったが残雪の白神岳の春合宿は良かった。
幕営した蟶山(マテヤマ)からブナの枝越しに見た星空は素晴らしく、テントから首だけ出して見上げていた和田さんが「ブナにかかった星のイルミネーションだ」と表現したが、正にその通りであった。
蟶山の付近は特にブナが多く縦走路にブナの実が落ちており、中には芽を出しかけているものも有った。
ブナの本数が多いせいだと思うが、鳥獣も食べ切れなかったのだろう。拾った実を食べてみたがほのかに甘く、椎の実に近い味であった。
また幕営した辺りは太い根曲がり竹が多く、もう3週間もすると良い竹の子が取れると思いながら歩いていた。
下山した後、蟶山の蟶の字が話題になり、甲谷さんから蟶はマテガイの意味があるとのメールが来た。何故白神岳の中腹の山にこんな字を当てるのかとインターネットで調べたが由来は判らず、更に調べようと白神岳を管轄する岩崎村の商工課に往復葉書で問い合わせ返事を貰った。
戴いた返事は、
 (1)山の形がマテガイに似ている
 (2)古くから獣を取る山であった
という説が有りますとの事で良く判らずに終った。(記:櫻井)


アルペン的な山容とはほど遠いが、日本的な森林美は必見です。
今回はリコー山の会として久々5人のメンバーが揃い、賑やかな山行になりました。


記録:和田

写真:甲谷



リコー山の会のホームページに戻る