2002年8月31日:北アルプス・針ノ木岳



参加者:L小川・和田・甲谷・中谷・稲垣(ゲスト)・國保(ゲスト)



夜行日帰りで扇沢から針ノ木岳に登ってきました。針ノ木雪渓の中は涼しく気持ち良かったです。
”ノド”から上は高巻きルートになっていたのは残念でした。


8月31日(土)

天候:晴れ
タイム:扇沢 7:10 → 大沢小屋 8:00 → 針ノ木峠10:50,11:15 → 針ノ木岳12:15,12:45 → 針ノ木峠13:15,13:45→大沢小屋15:50 → 扇沢16:40

夜中に扇沢に着き、車をガラガラな駐車場の一番下の段に止める。
朝起きると少し雲があるが天気は良さそうだ。
簡単に朝食を食べて出発する。今日は6人の山行で、普段より賑やかだ。
大沢小屋の前で一休みしてから30分程度で雪渓の末端に出た。
雪渓の上に出ると、風が涼しく「まるで、冷蔵庫のドアを開けたようだ!」と声がでる。
雪渓は締まっていてスプーンカットもしっかりあり、歩きやすくどんどん登って行ける。 雪渓の奥に針ノ木岳も見えて来た。

しかし、30分ぐらい登って両岸が狭まってきた所にロープが張ってあり、ここから右側の斜面に上がる様に道が付けられていた。ここが”ノド”のようだ。
斜面に上がると、少し上に雪渓が崩れた新しい痕が見えた。
下山してきた人が、前日崩れて高巻きの道がルートになったと教えてくれた。

雪渓から出ると暑い登りになってしまう。しばらく行くと左から沢が流れ込んでいる水場に着いた。
冷たい水で気持ち良い。ちょうど右側からヤマクボ沢が合流するところだった。

水場から急な登りを50分で針ノ木峠に着いた。周りを見回しながら一休みする。
峠から針ノ木岳までは、稜線の右側に道がついていてあまり、視界が広がらない。
山頂に着くと一気に視界が広がり、黒部を挟んで剣岳、南の方には穂高が見えている。山頂は割と広く、思い思いに展望を楽しんだ。

山頂からは、両側の花を見ながらのんびりした下りになる。
峠からは一旦ガスの中に入ってしまった。ガスの中は黙々とした歩きになってしまう。しかし、しばらくするとガスが晴れて気分も明るくなる。
”ノド”からは、右側の斜面に踏み痕があったので、雪渓を横断して取り付き、雪渓のほぼ末端まで右側の斜面を下りた。
大沢小屋でもう下りた気になってしまったが、ここからが長く、駐車場に戻った時はずいぶんくたびれてしまった。


針ノ木雪渓
針ノ木岳山頂

記録:小川



リコー山の会のホームページに戻る