2002年4月27〜29日:鹿島槍ヶ岳 東尾根



メンバー:L中谷、甲谷、小川


鹿島槍ヶ岳の東尾根を往復で登りました。3日間とも天気がよく、青い空に白い稜線で残雪の山を楽しめました。

鹿島槍ヶ岳 北峰にて

4月27日(土)
天候:晴のち曇り
タイム:大谷原林道ゲート8:40 - 取付9:05 - 尾根9:55 - 一ノ沢ノ頭12:35,13:05 - 二ノ沢ノ頭14:15

前夜車で出発し、大谷原の駐車場に着いたのは3時頃だった。仮眠し、かなり日が高くなってから出発する。
今日は二ノ沢ノ頭までなので、ノンビリしても大丈夫のはずだ。
林道を少し行くと、2回カーブした先に赤布が木につけてある取り付き点があった。
このあたりも雪が無い。出だしは結構急な登りだ。
踏み跡の周りは、つぼみをつけたカタクリがぽつんぽつんとあってきれいだ。
傾斜が少しゆるくなると、雪が出てきて尾根に出た。
尾根にはヒノキの大木が生えていて、その横を登って行く。雪がないところは、ブッシュが立ち上がっていて歩きにくい。
そのうち雪が続くようになり快調にぐんぐん登れる。尾根に出てから1時間ほどで荒沢側から上がってくる尾根との合流点に着いた。ここは、下山時に荒沢側の尾根に行かないように気をつけなければ。
このあたりから、明るいブナの林に変わり、急な雪面を登ると一ノ沢ノ頭に出た。
展望が一気に開け、鹿島槍から足元まで続く東尾根が見える。左には赤岩尾根、その先には爺ヶ岳が大きく見えている。ここでノンビリと大休止だ。
二ノ沢ノ頭までは、細い雪稜や急な斜面を登り思ったより時間がかかった。
今日、二ノ沢ノ頭にテントを張ったのは、我々と先に来ていた1パーティーだった。
ノンビリとお茶を飲んで過ごす。雲がだんだん降りてきたが明日は晴れるだろう。


後ろに見えるのが二ノ沢ノ頭
第2岩峰

4月28日(日)
天候:晴
タイム:二ノ沢ノ頭6:10 - 第1岩峰下7:30 - 第1岩峰上9:40 - 第2岩峰下10:05 - 第2岩峰上11:15 - 荒沢ノ頭12:00 - 鹿島槍北峰12:45,13:05 - 第2岩峰上14:30 - 第2岩峰下15:30 - 二ノ沢ノ頭18:45

朝起きると月が雲の間から見えていて稜線も見えている。天気は良さそうだ。
割とゆっくり準備をして出発する。
急な雪面を登ったり、稜線に出たりしながら第1岩峰の基部に着いた。第1岩峰は雪が解けて岩が出ている。
往復なので、荷物が軽く結構調子が良い。
先行パーティーが登ったあと、中谷リード、小川、甲谷の順で登る。
最初のところが傾斜がありホールドも細かく手間取った。そこを過ぎると簡単になる。
2ピッチ目と3ピッチ目は急な土の斜面のような感じになるが、浮石がごろごろしていて慎重に登る。
その先はハイマツの中の踏み跡をたどるようになり、やがて雪面に出た。
その雪面を登り稜線にでたところで、先行パーティーが譲ってくれたので先に行く。
しばらく稜線を行くと、第2岩峰の基部に着いた。
核心部のチョックストーンのチムニーが見える。何とかなりそうだ。ここはアイゼンをはずして登った。
ロープの流れを考えて、いったんチムニーの下でピッチを切る。
中谷、甲谷とチムニーを越えて行き、どうやって登ろうかと考えたが、結局チムニーの両壁に足を突っ張ってチョックストーンの上に這い上がった。
ビレー点まで登ると、”やったー登った”と、うれしくなる。
荒沢ノ頭を過ぎて、少し登ると誰も居ない鹿島槍の北峰に着いた。
前から一度登ってみたいと思っていたこのルートを登れてとてもうれしい。
よく晴れていて、周りの山も良く見える。剣はチンネの立った姿が印象的だ。

一休みしてから、登ってきたルートを後続のパーティーとすれ違いながら下降する。
今日は我々のほかに15人ぐらいが東尾根を登ったようだ。
荒沢ノ頭を過ぎると第2岩峰が見え、後続のパーティがまだ登っているのが見えた。
ハイマツの上で約40分待つと最後のパーティーが取り付いたようだったので、第2岩峰を抜けたところが見えるところまで下って最後のパーティが登って来るのを待った。
懸垂下降で第2岩峰を降りたが、ロープの回収に手間取っていると後から降りてきたパーティーが手伝ってくれた。ロープのセットがイマイチだった。
第1岩峰は、基部にテントを張っていたパーティーがロープをフィックスしていて、提供の申し出に有り難く使わせてもらった。
この先の急な雪壁は、ロープで確保して下った。夕方になって時間が気になるが注意して下る。
夕闇が迫るころ、何とかヘッドランプを使う前にテントに戻ることが出来た。
ピストンだったので、登りは荷物が軽くて楽だったが、急な下りに気を使った。


4月29日(月)
天候:晴
タイム:二ノ沢ノ頭8:30 - 一ノ沢ノ頭9:25 - 尾根下降点11:10 - 林道11:20 - ゲート11:40

今日も良い天気のようだが、下るだけの気楽さと前日の疲れとでだいぶ日が高くなるまで寝ていた。
テントを片付け、一ノ沢ノ頭まで下る。ここで、東尾根も見納めである。名残惜しく眺めてから下った。
登りはつぼみが多かったカタクリが、しっかり咲いていてきれいだった。

     
    
二ノ沢ノ頭から見た東尾根  

写真:甲谷、小川  記録:小川


リコー山の会のホームページに戻る