2002年1月13〜14日:八ヶ岳 阿弥陀岳 南綾



メンバー:L中谷、和田、甲谷、小川


八ヶ岳の阿弥陀岳南綾に行きました。とても暖かな日で、まるで春山のようでした。

青ナギから見た阿弥陀岳

1月13日(日)
天候:晴
タイム:阿弥陀聖水前7:20 - 旭小屋8:00,8:30 - 立場山11:00 - P3ルンゼ下13:45 - P3ルンゼ上15:35 - 阿弥陀岳16:05,16:15 - 尾小屋尾根の幕営地16:30

土曜の夜、車で出発した。舟山十字路に着くと、先行の車が何台か駐車している。スペースがなく、旭小屋の方向に進み林道脇にスペースの有る所に停めた。
朝起きてみると、そこは阿弥陀聖水という湧き水の出ている前だった。
旭小屋を目指して林道を歩く。旭小屋は林道終点からちょっと登った所に有った。小休止がのんびりして大休止になる。
旭小屋から15分ほど登ると稜線に出た。ここからはずっと尾根伝いになる。
立場山まで来ると阿弥陀岳、その奥に赤岳が見えて来る。岩にもかなり雪が付いているようだ。
今朝の気温は−5℃だったが、日が射していて0℃近くまで上がってきた。風も弱くぽかぽかと暖かい。まるで五月の山のようだ。
無名峰の登りになると、バテてしまいなかなか進まない。やっとの思いで無名峰に着く。

今日の予定は阿弥陀岳の頂上を越えて尾小屋尾根の途中までだが、たどり着くか心配になった。とりあえずP1−P2のコルまでは行かなければならない。
無名峰で大休止を取ると何とか調子を取り戻し、阿弥陀岳を越えられる気がしてきた。
P3のルンゼ下につくと先行パーティーが登っているので、しばらく待つ。ルンゼ下は日陰だったが、今日は暖かなので助かる。
先行パーティが登って行ったので我々も登りだしたが、50mロープではルンゼを抜けず、途中でピッチを切った。
ルンゼを抜けP4を越えるとなだらかな阿弥陀岳の頂上に着いた。晴れていて風も弱くこんな穏やかな冬の八ヶ岳は始めてだ。
もう、日が沈み始めていて、摩利支天が夕焼けに輝いてとてもきれいだ。沈む夕日に追い立てられながら尾小屋尾根を急いで降りて行く。
樹林帯の手前になだらかな場所が有ったので、今日はここまでとした。何とか暗くなる前にテントを張れてほっとした。


1月14日(月)
天候:晴
タイム:尾小屋尾根幕営地7:00 - 舟山十字路9:20 - 阿弥陀聖水前9:30

今日も快晴で暖かい。降りるだけなのでゆっくりと準備をして出発した。どんどん下り舟山十字路経由で車まで戻った。
後は、いつものように温泉に入って帰った。

     
    
阿弥陀岳山頂にて
 

記録:小川


リコー山の会のホームページに戻る